生年月日データベース

古今亭志ん朝ここんていしんちょう

落語家・3代目[日本]

1938年 3月10日 生 (満80歳)

古今亭志ん朝 - ウィキペディアより引用

映像作品

関連書籍

音楽作品

DMMメディア

  • 落語研究会 古今亭志ん朝名演集/古今亭志ん朝
  • 本格 本寸法 ビクター落語会 古今亭志ん輔 其の四 幾代餅/紙屑屋
  • 日活100周年邦画クラシックス・TREASURE COLLECTION 女子学園 おとなの遊び
  • 7時にあいまショー/坂本九
  • 落語研究会 古今亭志ん朝全集 下
  • 落語研究会 古今亭志ん朝全集 上/古今亭志ん朝
  • 新必殺からくり人 VOL.4
  • 新必殺からくり人 VOL.3
  • 新必殺からくり人 VOL.2
  • 新必殺からくり人 VOL.1
  • 新必殺からくり人 (BOXセット)初回限定生産
  • 古今亭志ん朝 落語家としての生涯 永久保存版
  • 新宿末廣亭うら、喫茶「楽屋」 古今亭志ん朝、立川談志、柳家小さん、林家三平、桂文楽も通った名物喫茶、五十四年分の‘はなし’
  • 古今亭志ん朝大須演芸場CDブック
  • 小説古今亭志ん朝 芸は命、恋も命 新装版
  • 世の中ついでに生きてたい
  • 東横落語会 古今亭志ん朝 CDブック
  • 落語を聴くなら古今亭志ん朝を聴こう 現役の噺家が語る、志ん朝落語の魅力
  • 古典落語の人間像 古今亭志ん朝の噺を読む
  • よってたかって古今亭志ん朝
  • まわりまわって古今亭志ん朝
  • 小説・古今亭志ん朝 芸は命、恋も命
  • もう一席うかがいます。
  • よってたかって古今亭志ん朝
  • 世の中ついでに生きてたい
  • 志ん朝のあまから暦
  • 志ん朝の落語 6
  • 古今亭志ん朝/落語 The Very Best 極一席1000 古今亭志ん朝
  • 古今亭志ん朝/古今亭志ん朝 県民ホール寄席
  • 古今亭志ん朝/志ん朝 東宝
  • 星新一/星寄席
  • 古今亭志ん朝/志ん朝初出し<十二>三年目/火焔太鼓
  • 古今亭志ん朝/志ん朝初出し<十一>妾馬/厩火事
  • 古今亭志ん朝/志ん朝初出し<十>へっつい幽霊/酢豆腐
  • 古今亭志ん朝/志ん朝初出し<九>四段目/風呂敷+インタビュー
  • 古今亭志ん朝/志ん朝初出し<八>幾代餅/紙入れ
  • 古今亭志ん朝/志ん朝初出し<七>宮戸川/片棒/野晒し
  • 古今亭志ん朝/志ん朝初出し<六>大山詣り/小言幸兵衛
  • 古今亭志ん朝/志ん朝初出し<五>火焔太鼓/鰻の幇間
  • 古今亭志ん朝/志ん朝初出し<四>ちきり伊勢屋(上)/崇徳院
  • 古今亭志ん朝/志ん朝初出し<三>火焔太鼓/坊主の遊び
  • 古今亭志ん朝/志ん朝初出し<二>犬の災難/三枚起請
  • 古今亭志ん朝/志ん朝初出し<一>水屋の富/五人廻し

落語家。俳優。   五代目古今亭志ん生の次男。 名人の息子という看板に負ける事無く、19歳から始め5年で 当時の最年少真打昇進を果たす程の実力者。 古典落語の名手として代表作は「風呂敷」などがある。   彼は非常に熱心であったものは他に 8月の中席(11日から20日まで)にある「住吉踊り」がある。   ふりかけ「錦松梅」のCMに登場しているので テレビで彼を見かけた方も多い。   2001年10月1日午前10時50分、 肝臓がんのため都内の自宅で死去。 父親、志ん生の名前を継がれなかったと惜しむ声が非常に多かった。 no title (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 志ん朝
  • 古今亭
  • 初代
  • 馬生
  • 不詳
  • 協会
  • 強次
  • 志ん生
  • 日本
  • 本名
  • 生没
  • 美濃部
  • 落語
  • 金原亭
  • きょうじ
  • ここんてい
  • さんだ
  • しんちょう
  • はなくそ
  • みのべ
  • 一部
  • 入門
  • 全員
  • 出身
  • 名簿
  • 実兄
  • 実子
  • 実弟
  • 師匠
  • 年月日
  • 廃業
  • 当時
  • 志ん
  • 戦後
  • 改名
  • 時代
  • 朝太
  • 本項
  • 生年月日
  • 睦男
  • 詳述
  • 資料
  • 通称
  • 金田
  • 魚屋