生年月日データベース

田中浩康たなかひろやす

プロ野球選手[日本]

1982年 5月24日 生 (満36歳)

田中浩康 - ウィキペディアより引用

田中 浩康(たなか ひろやす、1982年5月24日 - )は、東京ヤクルトスワローズに所属するプロ野球選手(内野手)。
来歴・人物 アマチュア時代 小学校2年生のときに野球を始める。
中学2年になる春に千葉県から京都府木津川市木津第二中学校に転校し、ボーイズリーグのチーム、奈良スターズ(現・南京都ニュースターズ)に入団する。
高校は香川県の尽誠学園高等学校に入学し、1年時と2年時に二塁手として全国高等学校野球選手権大会に出場。
2001年に早稲田大学に入学。
1年春から二塁のレギュラーに定着し、東京六大学リーグ戦の全試合に出場。
3年秋にベストナインに選出。
青木宣親と1・2番、また鳥谷敬と二遊間を組み、走攻守揃った二塁手として活躍する。
4年時にはキャプテンを務め、鳥谷が抜けた後のショートも担った。
史上24人目となる大学通算100安打以上を放つ。
大学通算95試合出場、368打数102安打、打率.277、6本塁打、44打点。
また、大学時代は1年春の開幕明大1回戦に1番セカンドで出場(4打数4三振)して以来、全試合全イニング出場のまま4年秋のシーズンを迎え、「鉄人」とも呼ばれたが、同シーズンの法大戦で左手に死球を受け骨折、その後も試合出場は続けたものの、かすり傷の影響で全イニング出場は叶わなかった。

映像作品

関連書籍

プロ野球選手。ヤクルトスワローズ内野手。背番号7。 1982年5月24日生まれ。京都府出身。177cm77kg。右投右打。O型。 尽誠学園高→早稲田大→ヤクルトスワローズ(2004年ドラフト自由枠) 東京六大学リーグでは1年春から全試合に出場し、史上24人目の100安打を達成。 2007年は開幕からセカンドで起用され、春先は不調となるも一軍に定着。中盤に2番セカンドとして早大時代に1・2番を組んだ1年年上の青木宣親と再びスワローズで1・2番を組み、リーグ最多の51犠打を記録した。3年目にして自身初の規定打席に達し、成績も132試合、打率.295、HR5、打点51を残しベストナインにも選出された。 シュアな打撃と堅実な守備、そして骨折しても試合に出続ける精神力の強さが魅力。将来のチームのリーダー候補。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 野球
  • 早稲田大学
  • 横浜
  • プロ野球
  • ベイスターズ
  • ヤクルトスワローズ
  • 京都府
  • 内野手
  • 木津川
  • 東京
  • 選手
  • たなか
  • ひろやす
  • コーチ
  • スタジアム
  • ヤクルト
  • 修士
  • 入団
  • 出身
  • 右打
  • 右投
  • 大学
  • 大学院
  • 引退
  • 拡大
  • 指導者
  • 時代
  • 浩康
  • 現役
  • 田中
  • 課程