生年月日データベース

中野美代子なかのみよこ

中国文学者作家[日本]

1933年 3月4日 生 (満86歳)

中野 美代子(なかの みよこ、1933年3月4日 - )は、日本の中国文学者、作家。
北海道大学文学部、言語文化部教授を経て、北海道大学名誉教授。
『西遊記』などの中国文学、中国文化をテーマに、論考・エッセイを多数発表。
北海道札幌市生まれ。
1956年北海道大学文学部中国文学科卒業、同助手。
1961年に「世界ノンフィクション全集」監修者の吉川幸次郎に指名されて、耶律楚材「西遊録」を翻訳。
また吉川には広く教えを受けた。
65年オーストラリア国立大学高等学術研究所助手、67年退職、68年、香港、台湾で資料収集をへて帰国、71年北海道大学文学部助教授、81年教授、83年同言語文化部教授。
1996年定年退官し、著述活動に専念する。
1979年には日本歴史家訪中団(秋山光和団長)に参加。
他に1975年に旧ソ連領中央アジア、1980年代以降は中国楼蘭、福建省などを訪問、1990年にカンボジアのアンコール遺跡群訪問。
回文を得意とする。
業績 1965年『中国の八大小説』に「西遊記」「三蔵法師伝」寄稿。

関連書籍

中国文学者。作家。 1933年北海道札幌市生れ。北海道大学中国文学科卒。オーストラリア国立大学助手・講師、北海道大学助教授・教授を経て、1996年、北海道大学を退官。中国文化を幻想・博物学的側面からとらえたエッセイを執筆する一方、綺想小説を手がけたり、『西遊記』(岩波文庫)の翻訳を急逝した小野忍から引き継ぐなど、多方面で活躍。 (引用元 Hatena Keyword)

「中野美代子」と関連する人物