生年月日データベース

有島武郎ありしまたけお

作家[日本]

1878年 3月4日

1923年 6月9日 死去自殺享年46歳
有島武郎 - ウィキペディアより引用

映像作品

関連書籍

  • タイトル
    一房の葡萄 (280円文庫)
    著者
    有島武郎
    発売元
    角川春樹事務所
    ページ数
    120ページ
    発売日
    2011-04-15
    新品価格
    ¥ 288
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    一房の葡萄 他四篇 (岩波文庫)
    著者
    有島武郎
    発売元
    岩波書店
    ページ数
    114ページ
    発売日
    1988-12-16
    新品価格
    ¥ 454
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    小さき者へ・生れ出づる悩み (新潮文庫)
    著者
    有島武郎
    発売元
    新潮社
    ページ数
    160ページ
    発売日
    2003-03
    新品価格
    ¥ 367
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    或る女 (新潮文庫)
    著者
    有島武郎
    発売元
    新潮社
    ページ数
    610ページ
    発売日
    1995-05-16
    新品価格
    ¥ 961
    中古商品
    ¥ 7 より
  • タイトル
    生まれいずる悩み
    著者
    有島武郎
    発売元
    ページ数
    52ページ
    発売日
    2012-09-27
    新品価格
    中古商品
  • タイトル
    『有島武郎全集・46作品⇒1冊』
    著者
    有島武郎
    発売元
    有島武郎全集・出版委員会
    ページ数
    発売日
    2015-06-08
    新品価格
    中古商品
  • タイトル
    或る女 2(後編)
    著者
    有島武郎
    発売元
    ページ数
    210ページ
    発売日
    2012-09-27
    新品価格
    中古商品
  • タイトル
    或る女 1(前編)
    著者
    有島武郎
    発売元
    ページ数
    152ページ
    発売日
    2012-09-27
    新品価格
    中古商品
  • タイトル
    カインの末裔
    著者
    有島武郎
    発売元
    ページ数
    35ページ
    発売日
    2012-09-27
    新品価格
    中古商品
  • タイトル
    一房の葡萄
    著者
    有島武郎
    発売元
    ページ数
    9
    発売日
    2012-09-27
    新品価格
    中古商品

音楽作品

DMMメディア

  • 華の乱
    評価 4.00点
  • ドモ又の死
  • 絵で読む珠玉の日本文学 3 国木田独歩、島崎藤村、有島武郎、樋口一葉
  • 『生れ出づる悩み』を読む 有島武郎と木田金次郎のクロスロード
  • 有島武郎 新装版
  • 卓上 文豪とアルケミスト -は- 2018年カレンダー
  • 富める者から貧しきものへの上昇 有島武郎の思想と文学
  • 或女 山梨大学近代文学文庫所蔵 後編 復刻
  • 或女 山梨大学近代文学文庫所蔵 前編 復刻
  • 有島武郎 世間に対して真剣勝負をし続けて
  • CD 有島武郎童話選集
  • CD 生まれいずる悩み
  • 或る女
  • 有島武郎小論 付/有島武郎編・安子夫人遺稿集『松むし』全
  • 現代語で読む生まれ出づる悩み
  • 有島武郎におけるエロスと死
  • 『或る女』とアメリカ体験 有島武郎の理想と叛逆
  • 一房の葡萄
  • 森山良子(朗読)/有島武郎童話選集
  • 萬田久子/名作を聴く(4)〜有島武郎

ありしまたけお [生]1878.3.4.東京[没]1923.6.9.軽井沢小説家,評論家。父が横浜税関長となったため幼時から文明開化の気風になじみ,ミッション・スクールに通って西洋思想を身につけた。学習院を経て札幌農学校に入り(1896),のちハバフォード大学,ハーバード大学大学院に学んだ(1903~06)。ホイットマン,トルストイに傾倒し,キリスト教入信の一時期もある。作風は西欧19世紀リアリズムの手法に学んで重厚かつ鮮明で,キリスト教的人間愛を,霊と肉の二元的対立や矛盾をこえて生み出そうとする苦悩などを描いた。武者小路実篤,志賀直哉らの『白樺』派に属したが,1917年の『死と其の前後』あたりから旺盛な創作活動を示した。『惜みなく愛は奪ふ』(17,20)は本能愛のなかに自我完成の可能性を求めた代表的な評論だが,まもなく社会主義の台頭とともに思想的動揺を生じ,波多野秋子と心中して終った。代表作『カインの末裔』(17),『生れ出づる悩み』(18),『或る女』(11~19)など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 大学
  • 評論
  • ハーバード
  • カイン
  • キリスト教
  • ハバ
  • フォード
  • 中等
  • 作品
  • 同人
  • 学習院
  • 小説
  • 小説家
  • 心中
  • 志賀直哉
  • 或る女
  • 末裔
  • 札幌
  • 森雅之
  • 武者小路実篤
  • 波多野
  • 洗礼
  • 白樺
  • 秋子
  • 軽井沢
  • 農学校
  • 農学者
  • ゆきみつ
  • 代表作
  • 俳優
  • 別荘
  • 卒業
  • 参加
  • 大学院
  • 帰国
  • 日本
  • 明治
  • 月荘
  • 歴史
  • 渡米
  • 経済
  • 行光
  • 退学
  • 進学
  • 長男
  • 雑誌