生年月日データベース

ルーベンス・バリチェロRubens Barrichello

レーシングドライバー[ブラジル]

1972年 5月23日 生 (満47歳)

ルーベンス・バリチェロ - ウィキペディアより引用

ルーベンス・バリチェロ(Rubens Gonçalves Barrichello, 1972年5月23日 - )は、ブラジル・サンパウロ出身のレーシングドライバー。
愛称は「小さなルーベンス」を意味するルビーニョ(Rubinho)。
F1で通算322戦のレースに参戦しており、これはF1史上歴代最多記録である。
F1において、当時の史上最年少でポールポジションを獲得するなど早くから実力を見せていた一方で、競争力の高い車にはなかなか恵まれなかったため、優勝は125戦目に初めて獲得しており、これは当時としては最も遅い記録であった。
名前のカタカナ表記については「フーベンス・ゴンサウヴェス・バヒケール」という表記が実際の発音に近いほか、姓について日本国内では「バリッケッロ」といった表記も多く見られるが、本記事では日本国内で一般的な「ルーベンス・バリチェロ」の表記で統一する。

関連書籍

Rubens BARRICHELLO F1ドライバー。 本名、ルーベンス・ゴンカルベス・バリチェロ。バリッチェロ、と表記される場合もある。 ブラジル・サンパウロ出身。1972年5月23日生まれ。 2012年現在のF1の最多出走記録保持者(322戦)。 1993年にジョーダン・ハートからF1デビュー。1997年から1999年までスチュワート・フォードに在籍。 2000年にフェラーリに移籍し、ミハエル・シューマッハのセカンドドライバーとして活躍し、 “最強のセカンドドライバー”とも呼ばれ、フェラーリの黄金時代を築き上げた。 しかしながら、チームオーダーにより涙を呑む場面も多く、近年はミハエルとの確執も顕在化した。 2005年8月には、2005年シーズンをもって契約期間を1年残しフェラーリを去り、 2006年より複数年Honda Racing F1 Team(旧B・A・R Honda)より参戦することが発表された。 2009年はHondaのF1撤退により、チームを受け継いだブラウンGPから参戦。 2010年にウィリアムズに移籍。 2012年、F1ではシート獲得に至らず、インディカーにKVレーシングから参戦。 F1ドライバー史上まれに見る、善人顔(笑) 愛称は「ルビーニョ」。 (引用元 Hatena Keyword)