生年月日データベース

中澤佑二なかざわゆうじ

男子サッカー選手[日本]

1978年 2月25日 生 (満41歳)

中澤佑二 - ウィキペディアより引用

中澤 佑二(なかざわ ゆうじ、1978年2月25日 - )は、埼玉県北葛飾郡吉川町(現:吉川市)出身のプロサッカー選手。
J1リーグ、横浜F・マリノス所属。
ポジションはディフェンダー(DF)で、センターバック(CB)を務める。
元日本代表。
日本代表でも長年中心選手として活躍しており、出場数は歴代4位の110試合を記録している。
また、2010 FIFAワールドカップの開幕前までキャプテンを務めていた(開幕時より長谷部誠に変更)。
幼少期~ブラジル留学時代 サッカーを始めたのは小学校6年生とプロ選手の中では遅めだった。
埼玉県立三郷工業技術高等学校はサッカーの名門校ではなかったために、卒業後Jリーグに売り込む価値を上げるべくブラジルへサッカー留学を計画する。
ブラジルのサッカークラブ・FCアメリカに加入し、次第に練習試合などにも起用されるようになった。
チームメイトにはジウベルト・シウバなどがいた。
一年後にビザ更新の為日本に帰国したところクラブから必要書類が届かずブラジルでのプレーを断念した。

映像作品

関連書籍

なかざわ-ゆうじ 1978-平成時代のプロサッカー選手。昭和53年2月25日生まれ。ブラジル短期留学後,FCアメリカ(ブラジル)をへて,平成10年ヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ1969)の練習生となり,11年プロ契約して入団。同年日本代表となり,シドニー五輪日本代表メンバーとしてベスト8進出に貢献。14年横浜F・マリノスに移籍。16年Jリーグ最優秀選手賞(MVP)。18年FIFAワールドカップ(W杯)ドイツ大会では全試合フル出場した。ポジションはDF(センターバック)。長身でハイボールに強い。22年2度目のW杯南アフリカ大会の日本代表にえらばれ,全4試合にフル出場した。埼玉県出身。三郷工業技術高卒。 (引用元 コトバンク)