生年月日データベース

ジュール・ルナールJules Renard

作家詩人作家[フランス]

1864年 2月22日

1910年 5月22日 死去動脈硬化症享年46歳
ジュール・ルナールの名言
幸福とは幸福を探すことである。
ジュール・ルナール - ウィキペディアより引用

ファイル:Jules Renard.jpg thumb 170px ジュール・ルナール
ジュール・ルナール(Jules Renard, 1864年2月22日 - 1910年5月22日)は、フランスの小説家、詩人、劇作家。
その小説『にんじん (小説) にんじん』は有名。
簡素で日常的な言葉を使いつつも、鋭い観察力をから様々な優れた作品が生み出された。

1864年にマイエンヌ県のマイエンヌ村に生まれる。
父親のフランソワ・ルナールは地元の役人であった。
生後すぐにルナール一家の故郷であるレミーヌ村に戻る。
17歳の時にパリに出て高等師範学校を目指すも、成績が振るわなかった上、劇作などに興味を持ちはじめたため、進学を断念しパリで創作活動の道を進む。
『ばら』を自費出版。
中途に兵役期間をはさんで詩や小説を書き始める。
23歳の時に倉庫会社の書記官になったが、すぐに解雇された。
ガルブラン夫妻とこの頃に知りあい、夫妻は経済的に苦しかったルナールを支援した。
1888年、24歳の時にマリー・モルノーと結婚。
1889年に文芸雑誌『メルキュール・ド・フランス』(”Mercure de France”)の創刊に尽力、ここで多くの詩や物語、評論を載せて次第にルナールの知名度が上がってくる。
やがて、多くの雑誌や新聞にも作品を投稿するようになり、他の作家との交流も始まる。
1892年に『根なしかずら』を発表。
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック ロートレックやアナトール・フランスなどを知る。
1894年に『ぶどう畑のぶどう作り』『にんじん』を発表。
1896年に『博物誌』『愛人』をリリース。
1897年には散文劇『別れもたのし』を上演。
この劇は大成功を収め、一躍ルナールは一流作家の仲間入りを果たした。
しかし、1897年には父親が病を苦に猟銃自殺を果たし衝撃を受けた。
翌年に『別れもたのし』 ……

映像作品

関連書籍

 1864−1910 。フランスの小説家、劇作家。明晰で簡潔な文体を持ち、「にんじん」「博物誌」などの著作がある。 (引用元 Hatena Keyword)