生年月日データベース

アルトゥル・ショーペンハウアーArthur Schopenhauer

哲学者[ドイツ]

1788年 2月22日

1860年 9月21日 死去享年73歳
アルトゥル・ショーペンハウアーの名言
よい文章を書くための第一の法則は、いうべき内容を持つことである。実際のところ、それだけでほとんど十分なのだ。
The first rule for a good style is to have something to say; in fact, this in itself is almost enough.
アルトゥル・ショーペンハウアー - ウィキペディアより引用

■ 関連書籍

ドイツの哲学者。Arthur Schopenhauer(1788年?2月22日〜1860年9月21日) 彼はカントの認識論に影響され、世界を表象としてとらえ、人間による生への盲目的な意志を本質的なものとして考えた。 この世界は人間にとって苦しみか退屈しか存在せず、そこからの脱却を図るには意志の滅却(仏教的な解脱、音楽の受容など)しかない、と説き、その悲観的な哲学は初期のニーチェに大きな影響を与えた。 文学論・芸術論でも鋭い感性を持った人物だった。 ちなみに、欧米では悲観的な人のことを、ショーペニスティック、と呼ぶ。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 哲学
  • アインシュタイン
  • アルベルト
  • インド
  • ウィトゲンシュタイン
  • エルヴィン
  • オットー
  • カール
  • キャンベル
  • グスタフ
  • シュレーディンガー
  • ジョーゼフ
  • ジークムント
  • ドイツ
  • ニーチェ
  • フリードリヒ
  • フロイト
  • ユング
  • ランク
  • リヒャルト
  • ルートヴィヒ
  • レフ
  • ワーグナー
  • 世界
  • 主義
  • 仏教
  • 哲学者
  • 実存
  • 影響
  • 意志
  • 芸術家
  • 表象
  • トルストイ
  • 主著
  • 作家
  • 先駆
  • 多く
  • 思想
  • 思想家
  • 明晰
  • 有名
  • 精神
  • 精髄
  • 重要