生年月日データベース

愛新覚羅溥傑

書家[中国]

(愛新覚羅溥儀の弟)

1907年 4月16日

1994年 2月28日 死去享年88歳
愛新覚羅溥傑 - ウィキペディアより引用

愛新覚羅溥傑(あいしんかくら ふけつ、アイシンギョロ・プギェ、満州語: ᠠᡞᠰᡞᠨ ᡤᡞᠣᠷᠣᡦᡠ ᡤᡞᠶᡝ 転写:Aisin-gioro pu-giye、1907年4月16日 - 1994年2月28日)は、清朝最後の皇帝で、のちに満洲国皇帝に即位した愛新覚羅溥儀の実弟。
清朝における地位は醇親王継嗣、満洲国軍人としての階級は陸軍中校(中佐に相当)。
中華人民共和国では全国人民代表大会常務委員会委員、全国人民代表大会民族委員会副主任。
立命館大学名誉法学博士。
書家でもあり、流水の如き独特の書体は流麗で人気が高かった。
2013年(平成25年)9月、溥傑の次女である福永嫮生から関西学院大学博物館開設準備室に、愛新覚羅溥傑家関係資料(愛新覚羅溥傑・妻の浩・娘の慧生・嫮生の各氏に関係する貴重な写真、原稿、書、書簡、書籍や、溥傑並びに浩夫人の実家である嵯峨侯爵家(旧正親町三条家)に関係する資料などが寄贈されている。

関連書籍

1907年4月16日生まれ。1994年2月28日没。 清朝最後の皇帝である宣統帝(溥儀)の弟。清朝における地位は醇親王継嗣、満州国軍人としての階級は陸軍中校(中佐に相当)。中華人民共和国では全人代常務委員会委員。立命館大学名誉法学博士。書家でもあり、流水の如き独特の書体は流麗で人気が高かった。 (wikipediaより) (引用元 Hatena Keyword)