生年月日データベース

栃錦清隆とちにしききよたか

相撲力士・第44代横綱[日本]

1925年 2月20日

1990年 1月10日 死去脳梗塞享年66歳
栃錦清隆 - ウィキペディアより引用

■ 関連書籍

とちにしききよたか [生]1925.2.20.東京[没]1990.1.10.東京第44代横綱。本名中田清。1939年春初土俵。幕下時代は同門の出羽錦と組んで花相撲で初っ切り相撲などを行なっていた。技能力士として幕内で頭角を現し,連続優勝を含む優勝4回ののち,1954年秋場所後横綱。同時に昇進したライバル横綱若乃花(→若乃花幹士)との名勝負は有名で,「栃若時代」を築き上げた。技能賞9回,優勝10回。1960年5月引退,年寄春日野を襲名。1974年日本相撲協会理事長。1985年両国に新国技館をつくり,1988年二子山(1代目若乃花)に理事長の椅子を譲った。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 時代
  • 横綱
  • 引退
  • 成績
  • 晩年
  • きよし
  • エピソード
  • 入幕
  • 入門
  • 到来
  • 力士
  • 大相撲
  • 大関
  • 昇進
  • 東京都
  • 栃木山守也
  • 江戸川区
  • 現役
  • 理事
  • 若乃花
  • 誕生
  • 通算
  • おおつか
  • なかた
  • 中田
  • 出身
  • 大塚
  • 本名
  • 養子