生年月日データベース

大谷幸夫おおたにさちお

建築家[日本]

1924年 2月20日

2013年 1月2日 死去肺炎享年90歳
大谷幸夫 - ウィキペディアより引用

■ 関連書籍

おおたにさちお [生]1924.2.20.東京[没]2013.1.2.東京建築家,都市計画家。1946年東京大学工学部建築学科を卒業,1951年同大学院修了。1960年まで丹下健三に師事する。1956年建築家の運動体である五期会の設立に参加,中心的な存在として活躍する。1961年設計連合を設立。1964~84年東京大学工学部都市工学科で教鞭をとる。その間の1971年,教授に就任。1984~89年千葉大学の教授を務めた。1963年,国立京都国際会館設計競技において最優秀賞を受賞した。金沢工業大学本館(1969),沖縄コンベンションセンター(1987),千葉市美術館・中央区役所(1994)など多数の作品がある。著書に『大谷幸夫建築・都市論集』(1986),『都市にとって土地とは何か』(1988,共著)などがある。1997年日本建築学会大賞を受賞。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 都市
  • 建築
  • 東京大学
  • 東京都
  • 作品
  • 工学科
  • 学科
  • 庁舎
  • 教授
  • ポリシー
  • 中庭
  • 丹下健三
  • 住宅
  • 助教授
  • 千葉大学
  • 名誉教授
  • 工学部
  • 平和
  • 広島
  • 建築家
  • 日本
  • 構想
  • 港区
  • 画家
  • 計画
  • 記念
  • 設計
  • 資料館
  • 赤坂
  • 丸の内
  • 卒業
  • 基本
  • 大谷
  • 就任
  • 東京都庁
  • 片腕
  • 生前
  • 自身