生年月日データベース

志賀直哉しがなおや

作家[日本]

1883年 2月20日

1971年 10月21日 死去享年89歳
志賀直哉 - ウィキペディアより引用

関連書籍

音楽作品

DMMメディア

  • 卓上 文豪とアルケミスト -は- 2018年カレンダー
  • 志賀直哉をめぐる作家たち・『志賀直哉と信州』〈補遺〉
  • 志賀直哉 新装版
  • 志賀直哉で「世界文学」を読み解く
  • 「文芸復興」の系譜学 志賀直哉から太宰治へ
  • 志賀直哉、映画に行く エジソンから小津安二郎まで見た男
  • 〈志賀直哉〉の軌跡 メディアにおける作家表象
  • 衣食住 随筆 新装版
  • 大江健三郎・志賀直哉・ノンフィクション-虚実の往還-
  • コレクション戦争と文学 10
  • 国木田独歩・志賀直哉論考 明治・大正時代を視座として
  • 城の崎にて・小僧の神様
  • 白い線
  • 和解
  • 志賀直哉・天皇・中野重治
  • 清兵衛と瓢箪・網走まで
  • 藤村志保/名作を聴く(10)〜近代小説集2
  • 紺野美沙子(朗読)/名作を聴く(5)〜志賀直哉

1883年2月20日宮城県石巻町生まれ。作家。1971年没。父直温、母銀の次男として生まれる。 主著 『暗夜行路』、『小僧の神様』、『城の崎にて』、『和解』 1910年、武者小路実篤、有島武郎らと「白樺」を創刊。以降「白樺派」として戦前の小説界を牽引する。異名「小説の神様」。自らを題材に採った告白小説・私小説を中心として執筆。太宰治『如是我聞』などでの批判をのらりくらりとかわす。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 和解
  • 東京
  • 作家
  • 小説家
  • 神様
  • エピソード
  • 不和
  • 京都
  • 人物像
  • 城の崎にて
  • 奈良時代
  • 宮城県
  • 小僧
  • 小説
  • 日本
  • 晩年
  • 暗夜行路
  • 死後
  • 白樺
  • 評価
  • ひとり
  • 代表
  • 代表作
  • 多く
  • 影響
  • 日本人
  • 明治
  • 昭和
  • 活躍
  • 石巻
  • 石巻市
  • 趣味