生年月日データベース

新島襄にいじまじょう

教育者、同志社大学 創設者[日本]

(天保14年1月14日生)

1843年 2月12日

1890年 1月23日 死去急性腹膜炎享年48歳
新島襄の最期の言葉
狼狽するなかれ、グッドバイ、また会わん
新島襄 - ウィキペディアより引用

新島 襄(にいじま じょう 英字表記:Joseph Hardy Neesima、天保14年1月14日(1843年2月12日) - 明治23年(1890年)1月23日)は日本の宗教家、教育者。
学位は理学士。
同志社英学校(後の同志社大学)を興した。
明治六大教育家の1人に数えられている。
生涯 幼少時代 天保14年(1843年)、江戸の神田にあった上州安中藩江戸屋敷で、安中藩士・新島民治の子として生まれる。
母は武州浦和宿のとみ。
本名を七五三太(しめた)という。
この名前は、祖父・弁治が女子が4人続いた後の初の男子誕生に喜び「しめた」と言った事から命名されたという説がある。
後に敬幹(けいかん)と改名。
元服後、友人から貰い受けたアメリカの地図書から、アメリカの制度に触れ、憧れを持つようになる。
その後、幕府の軍艦操練所で洋学を学ぶ。
ある日、アメリカ人宣教師が訳した漢訳聖書に出会い「福音が自由に教えられている国に行くこと」を決意し、備中松山藩の洋式船「快風丸」に乗船していたこともあり、当時は禁止されていた海外渡航を思い立つ。

映像作品

関連書籍

宗教家。教育者、同志社大学創設者。 英語名:Joseph Hardy Neesima 1843年2月12日(天保14年1月14日)生まれ。 1890年(明治23年)1月23日死去。 群馬県出身の新島襄は、群馬県の「上毛かるた」において29枚目の札「へ」で次のように詠まれている。 「平和の使い 新島襄」 (引用元 Hatena Keyword)