生年月日データベース

宮本恒靖みやもとつねやす

男子サッカー選手、解説者[日本]

1977年 2月7日 生 (満41歳)

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    ミオ・クラシコ conducted by 宮本恒靖
    歌手
    オムニバス(クラシック)
    発売元
    ソニーミュージックエンタテインメント
    発売日
    2006年6月21日
    新品価格
    ¥ 660 より
    中古商品
    ¥ 1 より

元サッカー選手。ポジションはディフェンダー(センターバック・リベロ)、ミッドフィルダー(ボランチ)。 1977年2月7日生まれ。大阪府富田林市出身。身長176cm、体重72kg。血液型A型。 ガンバ大阪ユース時代から年代別のサッカー日本代表に選出され、1995年FIFA U-17世界選手権、1997年FIFAワールドユース選手権、2000年シドニーオリンピックに出場した。U-17から代表でチームメイトだった中田英寿、松田直樹とは同学年の早生まれという共通点がある。 ディフェンダーとして体格には恵まれていなかったが、鋭い読みと的確なカバーリングが持ち味で、強いリーダーシップでディフェンスラインを統率した。クラブのみならずU-17からA代表まで全カテゴリで主将を務め、フィリップ・トルシエとジーコ両体制でも主将に指名された。 2000年にA代表デビュー。2002年FIFAワールドカップでは、直前で負傷した鼻骨骨折を守るためにフェースガードを付けて出場。この際、白いフェースガードを黒いマジックで塗りつぶしていたことから「バットマン」と呼ばれた。2004年のAFCアジアカップ、準々決勝ヨルダン戦ではPK戦に持ち込まれたが、ペナルティーマーク付近のピッチの状態が悪く、中村俊輔と三都主アレサンドロが相次いで外した。宮本がレフェリーに英語でサイドを変えることを提案、これが認められ反対側のゴールに変わったことでPK戦の流れが変わり、川口能活のスーパーセーブもあって勝利に結びつけた。決勝でも中国に完勝して優勝、大会ベストイレブンにも選出された。2006年FIFAワールドカップでは、2敗1分でグループリーグ敗退に終わった。日本代表 …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 時代
  • プロ
  • マスター
  • 日本
  • ガンバ大阪
  • サッカー
  • 代表
  • 監督
  • 選手
  • クラブ
  • ザルツブルク
  • リーグ
  • レッドブル
  • ワールドカップ
  • ヴィッセル神戸
  • 卒業
  • 同志社大学
  • 学部
  • 家族
  • 引退
  • 所属
  • 現役
  • 経済
  • カー
  • キャプテン
  • 個人
  • 出場
  • 初めて
  • 国際
  • 大学院
  • 成績
  • 指導者
  • 日本人
  • 連盟