生年月日データベース

大江健三郎おおえけんざぶろう

左派フィクション作家、左翼活動家[日本]

1935年 1月31日 生 (満83歳)

大江健三郎 - ウィキペディアより引用

映像作品

関連書籍

音楽作品

  • タイトル
    大江光ふたたび
    歌手
    発売元
    日本コロムビア
    発売日
    1994年9月10日
    演奏時間
    64分
    新品価格
    ¥ 3,600
    中古商品
    ¥ 1 より

DMMメディア

  • 静かな生活 (ブルーレイディスク)
  • 飼育
    評価 3.00点
  • 大島渚 DVD-BOX 1
  • 飼育
  • 大江健三郎全小説 2
  • 大江健三郎全小説 5
  • 大江健三郎全小説 1
  • 江藤淳と大江健三郎 戦後日本の政治と文学
  • 大江健三郎全小説 3
  • 大江健三郎全小説 7
  • 大江健三郎柄谷行人全対話 世界と日本と日本人
  • 大江健三郎賞8年の軌跡「文学の言葉」を恢復させる
  • キルプの軍団
  • 文学の淵を渡る
  • 「現在」に挑む文学 村上春樹・大江健三郎・井上光晴
  • 晩年様式集(イン・レイト・スタイル)
  • 定義集
  • 日本文学全集 22
  • 文学の淵を渡る
  • 江藤淳と大江健三郎 戦後日本の政治と文学
  • 小野修/文学と音楽
  • 本名徹次/芥川也寸志:ヒロシマのオルフェ
  • 一柳慧/道‐THE WAY‐

おおえけんざぶろう [生]1935.1.31.愛媛,大瀬小説家。1959年東京大学仏文科卒業。在学中に『東京大学新聞』に発表した『奇妙な仕事』(1957)で脚光を浴び,続いて『死者の奢(おご)り』(57),『他人の足』(57)などを発表,観念と抒情の融合した作風の新鮮さが注目された。黒人兵捕虜と村の子供たちの,のどかで,しかも残酷な「関係」を描いた『飼育』(58)で芥川賞受賞。以後『性的人間』(63),『個人的な体験』(64),『万延元年のフットボール』(67),『洪水はわが魂に及び』(73),『ピンチランナー調書』(76),『同時代ゲーム』(78),『新しい人よ眼ざめよ』(83,大仏次郎賞),『懐かしい年への手紙』(87),3部作『燃えあがる緑の樹』(93~95)などを発表。社会,政治問題についても積極的に発言し,随筆集『厳粛な綱渡り』(65),ルポルタージュ『ヒロシマ・ノート』(64~65)がある。その諸作品は20ヵ国近い外国語に翻訳され,世界的に知られる。94年ノーベル文学賞受賞。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 作品
  • 作家
  • テレビ
  • デビュー
  • ノーベル賞
  • レイト
  • ワーク
  • 仕事
  • 個人
  • 共編
  • 共著
  • 北朝鮮
  • 受賞
  • 台本
  • 小説
  • 後期
  • 思想
  • 政治
  • 映像
  • 映画
  • 沖縄戦
  • 番組
  • 発言
  • 芥川賞
  • 裁判
  • 評論
  • 講演
  • 関連
  • 随筆