生年月日データベース

小此木啓吾おこのぎけいご

精神医学者[日本]

1930年 1月31日 生 (満88歳)

関連書籍

DMMメディア

  • 精神分析のおはなし
  • 精神分析の臨床的課題 オンデマンド版
  • フロイド選集 15 改訂版デジタル・オンデマンド版
  • フロイド選集 16 改訂版デジタル・オンデマンド版
  • フロイトとユング
  • 仏教不遇死法話集 自死・自殺 災害 事故 事件被害 行方不明
  • ヒューマン・マインド 愛と哀しみの精神分析 オンデマンド版
  • 仏教不遇死法話集 自死・自殺 災害 事故 事件被害 行方不明
  • 「ケータイ・ネット人間」の精神分析
  • 心の臨床家のための精神医学ハンドブック
  • 〈次世代を育む心〉の危機 ジェネラティビティ・クライシスをめぐって
  • 現代の精神分析 フロイトからフロイト以後へ
  • 精神分析事典
  • フロイト思想のキーワード
  • 新装増補メンタルヘルス 教育編全10別1
  • 阿闍世コンプレックス

おこのぎけいご [生]1930.1.31.東京[没]2003.9.21.東京精神科医。1954年慶應義塾大学医学部を卒業。1976年同大学助教授,1990年教授に就任。日本人で初めてウィーン精神分析研究所に留学し,日本の精神分析学の草分けといわれる古沢平作に師事。精神分析医として治療にあたる一方で,ジグムント・フロイトから現代までの精神分析学を幅広く研究した。同時に,精神分析の日本への定着にも尽力,新聞,雑誌,書籍などで精神分析学を土台とした現代社会論を展開した。1977年には,豊かな社会に育ち,社会人としての当事者意識がなく,大人になりたがらない当時の若者を「モラトリアム人間」と規定した論文を雑誌『中央公論』に発表。翌1978年に出版した『モラトリアム人間の時代』はベストセラーとなった。1986年に日本精神分析学会会長に就任。(→精神分析,モラトリアム) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 日本
  • 出典
  • おこのぎ
  • けいご
  • 啓吾
  • 小此木
  • 東京都
  • レイアウト
  • 死没
  • 生誕