生年月日データベース

デーブ・ジョンソンDave Johnson

メジャーリーガー[アメリカ]

1943年 1月30日 生 (満75歳)

デーブ・ジョンソン - ウィキペディアより引用

デービット・アレン・ジョンソン(David Allen "Davey" Johnson、1943年1月30日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州オーランド出身の元プロ野球選手(内野手)、プロ野球監督。
MLB時代 フロリダ州オーランド出身。
テキサスA&M大学を経て、1962年にボルチモア・オリオールズと契約。
1965年、シーズン終盤に3Aロチェスターからオリオールズへメジャー初昇格。
プロ入り5年目の1966年には新人王をとり、当時アメリカンリーグの強豪であったチームで正二塁手として1966年と1970年のワールドシリーズ優勝に貢献。
1969年と1971年にもワールドシリーズに出場。
なお、1966年のワールドシリーズでは、この年限りで引退した偉大な左腕投手サンディー・コーファックスに最後の被安打を記録させ、1969年のワールドシリーズでは、1勝3敗で迎えた第5戦の9回2死から打席に入って凡退し、後年監督となるニューヨーク・メッツの初のワールドシリーズ制覇の最後の打者となった。

関連書籍

DMMメディア

  • デーブ・ジョンソンをおぼえてますか?

David Allen Johnson MLB選手・監督。 プロ野球・読売ジャイアンツの選手。 右投右打、ポジションは三塁手→二塁手。背番号は5番。 1943年1月30日生まれ。米国フロリダ州出身。 トリニティ大から1965年、ボルチモア・オリオールズに入団。1973年、アトランタ・ブレーブスに移籍。 1975年、読売ジャイアンツ史上最初の外国人選手として入団。長嶋茂雄の後釜として期待されるが、壊れた扇風機と揶揄される。 1976年、二塁手にコンバート。同年、退団。 1977年、フィラデルフィア・フィリーズに復帰。 1978年、シカゴ・カブスに移籍。同年、現役引退。 1984年、ニューヨーク・メッツの監督に就任。1986年、ワールドシリーズを制覇。 1995年、シンシナティ・レッズの監督として地区優勝。 1998年、トム・ラソーダの後を受け、ロサンゼルス・ドジャースの監督に就任。 2003年、アテネオリンピック野球オランダ代表監督に就任、指導者として活躍した。 2005年、北京オリンピック米国代表監督に就任。 2006年、第1回ワールド・ベースボール・クラシック米国代表コーチも務める。 2009年、第2回ワールド・ベースボール・クラシック米国代表監督に就任。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • プロ野球
  • 年度
  • 時代
  • 監督
  • 選手
  • アメリカ
  • オーランド
  • フロリダ州
  • 内野手
  • 合衆国
  • 巨人
  • 引退
  • 復帰
  • 成績
  • 戦績
  • 打撃
  • 背番号
  • 表彰
  • 記録
  • 詳細
  • アレン
  • ジョンソン
  • デービッド
  • 出身