生年月日データベース

ゴー・チョクトンGoh Chok Tong

政治家首相[シンガポール]

1941年 5月20日 生 (満77歳)

『ゴー・チョク・トン』より : ゴー・チョクトン(英語: Goh Chok Tong、簡体字:吴作栋、繁体字:吳作棟、拼音: Wú Zuòdòng、1941年5月20日 - )は、シンガポールの政治家。
同国の第2代首相(在任:1990年11月 - 2004年8月)。
首相退任後、上級相(Senior Minister, 國務資政)を2011年まで務め、現在は名誉上級相。
不可知論者。
概略 身長は190cmと、シンガポール人としては高身長であるため、「驚異の長身」と呼ばれている。
1976年に政界入りし、政府系海運企業を黒字転換させた功績などが認められ、前任のリー・クアンユーの信頼を勝ち得て首相に就任。
内閣は「ゴーチーム」といわれた。
リーの息子リー・シェンロンへの「中継ぎ」とも「リーのクローン」ともいわれ、リーの政策を踏襲した。
そのためゴー政権は短命に終わると考えられたが、14年に及ぶ長期政権となったのはシンガポールの政治関係者の間では意外なことであった。
日本や米国との自由貿易協定(FTA)ASEAN経済共同体(AEC)の設立も提案も提案している。

関連書籍

GohChokTong [生]1941.5.20.シンガポールの政治家。中国名は呉作棟。シンガポール大学経済学部を卒業後,官界に入り,のちにウィリアムズ大学で開発経済学の修士号を取得。赤字だった国営船会社ネプチュン・オリエントの経営立て直しで認められ,1976年には当時のホン・スイセン大蔵大臣の推挙を得て与党人民行動党より総選挙に出馬,国会議員に初当選した。以後,貿易工業大臣,保健大臣などを歴任。早くからリー・クアンユーの後継者候補の一人と目され,1985年に第1副首相兼国防大臣となり,その地位を不動のものとした。1990年リー・クアンユーの首相引退により首相に就任。2004年上級大臣就任。 (引用元 コトバンク)

「ゴー・チョクトン」と関連する人物

連想語句
  • ゴシック
  • 和田
  • 概略
  • 細丸
  • シンガポール
  • 上級
  • 中丸
  • 首相
  • ヒラギノ
  • 不可知論
  • 出典
  • 政治家
  • 明朝
  • 絵文字
  • メイリオ
  • 同国
  • 名誉
  • 在任
  • 小塚
  • 現在
  • 資政
  • 退任