生年月日データベース

岩瀬順三いわせじゅんぞう

KKベストセラーズ創業者[日本]

1933年 5月19日

1986年 5月18日 死去享年54歳

岩瀬 順三(いわせ じゅんぞう、1933年5月19日 - 1986年5月18日)は、日本の編集者、KKベストセラーズ創業者。
"出版界の歴代鬼才ナンバーワン"とも言われた出版事業家。
  経歴・人物 広島県尾道市三軒家町出身。
野坂昭如は「尾道を代表する二大文化人、大が石堂淑郎で、小が岩瀬。
ともにややこしい心根の持主」と話していた。
1958年立教大学英米文学科卒業。
講談社は不合格となり、バーテンダーなどの仕事をする。
当時はヒロポン中毒に悩まされていたという。
1961年、28歳で食品業界の業界紙・光琳書院に入社。
翌1962年、60年安保闘争の総括で知られる清水幾太郎の紹介で青春出版社に入社。
社員10名の編集長となる。
野末陳平『3時間だけ楽しむ本』や『勘入門』などの大ヒットを出し一躍青春出版社の名を轟かせた。
一攫千金の夢が強かった岩瀬は、この成功で銀座にバーを出したり有名女優を愛人にするなどの放蕩を始めたといわれる。
また一介のサラリーマンに似合わぬ大金をかけて賭け麻雀をやり、多額の負債を負ったともいう。

1933年5月19日〜1986年5月18日 KKベストセラーズ創業者。広島県尾道市出身。1958年立教大学英米文学科卒業。 出版界の風雲児と言われ、出版社が企画を立てて著者を選んで著書を書かせる手法でベストセラーを次々と連発していった。 (引用元 Hatena Keyword)