生年月日データベース

湯川秀樹ゆかわひでき

理論物理学者[日本]

(1949年、日本人として初めてノーベル賞を受賞)

1907年 1月23日

1981年 9月8日 死去心不全享年75歳
湯川秀樹 - ウィキペディアより引用

映像作品

関連書籍

DMMメディア

  • NHK映像ファイル「あの人に会いたい」 DVD-BOX
  • NHK映像ファイル「あの人に会いたい」 1
  • 創造的人間
  • 湯川秀樹 詩と科学
  • 湯川秀樹歌文集
  • 専門職としての保育者 保育者の力量形成に視点をあてて
  • 科学を生きる 湯川秀樹エッセイ集
  • もし湯川秀樹博士が幸福の科学大学「未来産業学部長」だったら何と答えるか
  • 宇宙と人間七つのなぞ
  • 湯川秀樹のスーパーインスピレーション 無限の富を生み出す「未来産業学」
  • 原発と御用学者 湯川秀樹から吉本隆明まで
  • 現代物理学の基礎 11 新装版
  • 現代物理学の基礎 10 新装版
  • 現代物理学の基礎 9 新装版
  • 現代物理学の基礎 8 新装版
  • 現代物理学の基礎 7 新装版
  • 人間にとって科学とはなにか
  • 現代物理学の基礎 6 新装版
  • 柳家権太楼/柳家権太楼2 朝日名人会ライヴシリーズ22 不動坊火焔/代書屋

ゆかわひでき [生]1907.1.23.東京[没]1981.9.8.京都理論物理学者。京都帝国大学理学部物理学科卒業(1929)。大阪帝国大学講師(34),京都大学教授(39)。東京帝国大学教授兼任(42)。プリンストン高等研究所客員教授(48)。コロンビア大学教授(49)。京都大学基礎物理学研究所の創設に伴い初代所長(53)。1934年核子間の力およびβ崩壊を媒介する場の粒子として,電子と陽子との中間の質量をもつ粒子の存在を予言した。続いて36年K電子捕獲の理論を提唱。湯川の予言したπ中間子の実験的確認は47年まで待たなければならなかったが,この間に37年のμ粒子の発見をはじめ多くの素粒子の発見を刺激した。43年文化勲章受章。49年日本人として初めてノーベル物理学賞受賞。その後,非局所場の理論の展開に努めた。科学上の業績のほかに,パグウォッシュ会議,世界平和七人委員会などで科学者の平和運動に貢献し,また文筆にすぐれ,『湯川秀樹自選集』など多くの著書がある。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 中間子
  • 京都市
  • 学者
  • 物理
  • 理論
  • イギリス
  • セシル
  • ノーベル賞
  • パイ
  • パウエル
  • 中性子
  • 京都大学
  • 京都府
  • 位階
  • 作用
  • 勲一等
  • 勲等
  • 博士
  • 原子核
  • 名誉
  • 名誉教授
  • 大綬章
  • 大阪大学
  • 学位
  • 宇宙線
  • 市民
  • 文化勲章
  • 旭日
  • 昭和
  • 理学
  • 相互
  • 陽子
  • これ
  • 予言
  • 内部
  • 出身
  • 受賞
  • 媒介
  • 日本
  • 日本人
  • 湯川
  • 発見
  • 結合
  • 証明