生年月日データベース

吉田正よしだただし

作曲家[日本]

1921年 1月20日 生 (満98歳)

吉田正 - ウィキペディアより引用

吉田 正(よしだ ただし、1921年1月20日 - 1998年6月10日)は、茨城県日立市出身の国民歌謡作曲家。
死後の1998年7月に国民栄誉賞受賞。
生涯作曲数は2400曲を越える。
都会的で哀愁漂うメロディーは都会調歌謡と称され、ムード歌謡から青春歌謡、リズム歌謡まで幅広く手掛けた。
また、鶴田浩二、三浦洸一、フランク永井、松尾和子、橋幸夫、和田弘とマヒナスターズなど多くの歌手を育て上げ、日本歌謡史の黎明期を支えたひとりである。
1921年(大正10年)1月20日、茨城県多賀郡高鈴村(現在の日立市)に生まれる。
1939年(昭和14年)3月、日立工業専修学校卒業。
1939年(昭和14年)4月、増成動力工業株式会社に入社。
1942年(昭和17年)1月、満州国黒河省漱江に展開していた陸軍水戸歩兵第二連隊に入隊。
1944年(昭和19年)急性盲腸炎のためペリリューの戦いに参戦せず満州に残る。
1945年(昭和20年)10月、敗戦と同時に、ソビエト連邦シベリア地区に抑留される(シベリア抑留)。

映像作品

関連書籍

音楽作品

  • タイトル
    吉田正自撰77曲(下)
    歌手
    オムニバス
    発売元
    ビクターエンタテインメント
    発売日
    1998年7月24日
    演奏時間
    143分
    新品価格
    ¥ 3,796
    中古商品
    ¥ 2,683 より
  • タイトル
    吉田正自撰77曲(上)
    歌手
    オムニバス
    発売元
    ビクターエンタテインメント
    発売日
    1998年7月24日
    演奏時間
    143分
    新品価格
    ¥ 4,104
    中古商品
    ¥ 1,800 より
  • タイトル
    吉田正コンチネンタルタンゴの夕べ
    歌手
    吉田正記念オーケストラ
    発売元
    ビクターエンタテインメント
    発売日
    2005年4月21日
    演奏時間
    84分
    新品価格
    ¥ 2,435
    中古商品
    ¥ 394 より
  • タイトル
    吉田正作曲生活50周年記念 吉田正作品集「有楽町で逢いましょう」
    歌手
    発売元
    徳間ジャパンコミュニケーションズ
    発売日
    1997年10月22日
    演奏時間
    新品価格
    中古商品
  • タイトル
    吉田正作品集 和田弘とマヒナスターズ
    歌手
    和田弘とマヒナスターズ
    発売元
    ビクターエンタテインメント
    発売日
    2004年5月21日
    演奏時間
    34分
    新品価格
    中古商品
    ¥ 290 より
  • タイトル
    吉田正 タンゴアルバムII
    歌手
    吉田正記念オーケストラ
    発売元
    ビクターエンタテインメント
    発売日
    2006年6月21日
    演奏時間
    66分
    新品価格
    ¥ 2,046
    中古商品
    ¥ 592 より
  • タイトル
    吉田正作品集
    歌手
    発売元
    ビクターエンタテインメント
    発売日
    2004年5月21日
    演奏時間
    35分
    新品価格
    中古商品
    ¥ 920 より
  • タイトル
    魅惑の吉田正メロディーを歌う
    歌手
    発売元
    ファイブズエンタテインメント
    発売日
    2004年10月27日
    演奏時間
    65分
    新品価格
    ¥ 2,734
    中古商品
    ¥ 2,086 より
  • タイトル
    吉田正 タンゴアルバムIV
    歌手
    吉田正記念オーケストラ
    発売元
    ビクターエンタテインメント
    発売日
    2008年5月21日
    演奏時間
    65分
    新品価格
    ¥ 2,020
    中古商品
    ¥ 565 より
  • タイトル
    吉田正 タンゴアルバムIII
    歌手
    吉田正記念オーケストラ
    発売元
    ビクターエンタテインメント
    発売日
    2007年4月04日
    演奏時間
    71分
    新品価格
    ¥ 2,383
    中古商品
    ¥ 2,630 より

よしだただし [生]1921.1.20.茨城,日立[没]1998.6.10.東京作曲家。日立工業専修学校卒。1942年徴兵され中国東北部へ行き,演習中に『昨日も今日も』を作詞・作曲した。戦後シベリアに抑留され1948年帰国。『昨日も今日も』に別の詞がついて,自分の帰国より前に『異国の丘』となって流行していたことを知る。この作曲者として認定され,1949年ビクター専属の作曲家となる。以後1958年『有楽町で逢いましょう』,1960年『潮来笠(いたこがさ)』,1962年『いつでも夢を』など数多くの流行歌を生んだ。また「吉田学校」といわれるほど多くのすぐれた新人を育てた。生涯を通じて2000曲以上の作品を残した。日本作曲家協会会長,日本音楽著作権協会会長をつとめ,1982年には紫綬褒章を受章。没後,国民栄誉賞が贈られた。 (引用元 コトバンク)