生年月日データベース

順治帝

清朝第3代皇帝[清]

1638年 3月15日

順治帝 - ウィキペディアより引用

順治帝(じゅんちてい)は、清の第3代皇帝。
姓名はアイシンギョロ・フリン(満州語: ᠠᡞᠰᡞᠨᡤᡞᠣᠷᠣᡶᡠᠯᡳᠨ、愛新覚羅 福臨)、廟号は世祖。
在世時の元号を取って順治帝と呼ばれる。
入関後の清の土台を確固たるものとし、次代の康熙帝・雍正帝・乾隆帝の三世の春、いわゆる康雍乾盛世の黄金時代を導く役割をした。
生涯 ホンタイジの第9子として生まれる。
母は永福宮荘妃(ボルジギト氏)。
1643年、ホンタイジが急病で遺言を残さずに崩御した。
ホンタイジの長子は粛親王ホーゲ(豪格)であったが、叔父の睿親王ドルゴンを推す一派もあり、双方の牽制の結果、ホーゲの異母弟である6歳のフリンが皇帝となり、ドルゴンが摂政となった。
生母の荘妃は皇太后とされた。
翌1644年3月19日に李自成率いる順軍が北京を陥落させ明を滅ぼした。
清軍はドルゴンの主導の下に、山海関を開城して清に下った呉三桂を先頭に北京へ向かった。
北京の順軍は明を滅ぼした後、各々の官職を決めたり、明の高級官僚を処罰したりに忙しかったが、山海関の中に入った清軍を4月23日に迎え討った。

関連書籍

じゅんちていShun-zhi-di;Shun-chi-ti [生]崇徳3(1638).1.30.[没]順治18(1661).1.7.北京中国,清朝の第3代皇帝(在位1643~61)。名は福臨。臆菴道人と号する。諡は章皇帝。廟号は世祖。年号は順治。ホンタイジ(皇太極)の第9子で,父帝の没後,諸王会議でドルゴン(多爾袞)らに推され,6歳で即位した。当時清朝は李自成の乱により滅亡した明朝を継ぐべく,中国本土への進出をうかがっていたが,順治1(44)年の北京入城とその後の中国全土の平定という重大な時期の政務は皇父摂政王の地位にあったドルゴンが腕をふるった。ドルゴン没後に親政を開始し,ドルゴンを追罰して宗室から除籍し,十三衙門を設置して宗室諸王の権力を奪い,皇帝独裁権を確立しようと企てたが困難であった。対外的には明朝最後の勢力桂王永暦帝を雲南からビルマに討ち,台湾の鄭氏一族を除き,全土を平定した。ただ中国平定戦争に功のあった漢人投降将軍(特に呉三桂ら三藩)の処遇が問題となったが,その解決を得ぬままに天然痘で病没した。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • ドルゴン
  • 中国
  • 時代
  • ヌルハチ
  • ホンタイジ
  • 乾隆帝
  • 作品
  • 元号
  • 共産党
  • 初代
  • 即位
  • 后妃
  • 康熙帝
  • 廟号
  • 復讐
  • 摂政
  • 滅亡
  • 生涯
  • 登場
  • 皇帝
  • 盛世
  • 親政
  • 雍正帝
  • 順治
  • 三世
  • 世祖
  • 前身
  • 土台
  • 在世
  • 役割
  • 後金
  • 支配
  • 次代
  • 福臨
  • 開始
  • 黄金