生年月日データベース

権田萬治ごんだまんじ

文芸評論家[日本]

1936年 2月2日 生 (満82歳)

関連書籍

ミステリ評論家、文芸評論家。 専修大学文学部教授(マスコミ論、大衆文学論)。 東京・港区三田生まれ。日比谷高校を経て、東京外国語大学フランス語科卒。在学中は前衛芸術に関心を持ち、岡本太郎、花田清輝の影響を受けた。 卒業後 、日本新聞協会に30余年勤務し、広告部長、編集部長、マスコミ倫理懇談会代表幹事を歴任、1991年専修大学文学部マスコミ・ジャーナリズム講座の担当教員となる。 勤務のかたわらミステリー評論を中心に文芸評論を執筆、1960年「感傷の効用 レイモンド・チャンドラー論」により宝石評論賞佳作、1976年『日本探偵作家論』により日本推理作家協会賞、2001年新保博久氏と共同監修した『日本ミステリー事典』 (新潮社)により、第1回本格ミステリ大賞を受賞。 著書に『現代推理小説論』(第三文明社)、『日本探偵作家論』(双葉社)、『新潮日本文学アルバム 松本清張』(新潮社)、『海外ミステリー事典』(新潮社)などがある。 横溝正史賞、江戸川乱歩賞、推理作家協会賞、幻影城新人賞などの選考委員を歴任、現在は日本ミステリー文学大賞、創元推理評論賞の選考委員を務めている。 趣味は、テニス、麻雀、将棋、ウクレレ演奏。最近は昔好きだった海外映画にはまっている。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 日本
  • 文学
  • ミステリー
  • 作家
  • 協会
  • 受賞
  • 大賞
  • 港区
  • 監修
  • マスコミ
  • ミステリ
  • 共編
  • 大衆
  • 学校
  • 専修大学
  • 推理
  • 新聞
  • 日比谷
  • 本格
  • 東京
  • 東京外国語大学
  • 東京都
  • 翻訳
  • 著書
  • 資料館
  • 部長
  • 都立
  • 高等
  • ジャーナリズム
  • チャンドラー
  • フランス語
  • レイモンド
  • 事典
  • 代表
  • 佳作
  • 倫理
  • 共同
  • 効用
  • 勤務
  • 博久
  • 定年
  • 宝石
  • 幹事
  • 感傷
  • 懇談会
  • 探偵
  • 教授
  • 文学部
  • 新保
  • 時代
  • 松本清張
  • 歴任
  • 法人
  • 社団
  • 評論
  • 講座
  • 館長