生年月日データベース

エドガー・アラン・ポーEdgar Allan Poe

推理小説作家[アメリカ]

1809年 1月19日

1849年 10月7日 死去享年41歳
エドガー・アラン・ポーの名言
詩とは、ことばで美をリズミカルに創造すること。
Poetry is the rhythmical creation of beauty in words.
エドガー・アラン・ポー - ウィキペディアより引用

エドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe、1809年1月19日 - 1849年10月7日)は、アメリカ合衆国の小説家、詩人、雑誌編集者。
マサチューセッツ州ボストンに生まれる。
生まれた直後に両親を失って商人アラン家に引き取られ、幼少期の一時期をロンドンで過ごした。
ヴァージニア大学に進むも放蕩から退学を余儀なくされ、その後陸軍入隊、士官学校を経て作家として活動を始める。
以後さまざまな雑誌で編集者として勤めながら、ゴシック風の恐怖小説「アッシャー家の崩壊」「黒猫」、初の推理小説と言われる「モルグ街の殺人」、暗号小説の草分け「黄金虫」など多数の短編作品を発表、また1845年の詩「大鴉」でも評判を取った。
1833年、当時まだ13歳だった従妹ヴァージニア・クレムと結婚するが、1847年に貧苦の中で結核によって彼女を失い、その2年後にポー自身も謎めいた死を遂げた。
ポーはアメリカにおいて文筆だけで身を立てようとした最初の著名な作家であったが、文名を得てからもその生活はほぼ常に貧窮の中にあった。

映像作品

関連書籍

  • タイトル
    モルグ街の殺人事件
    著者
    エドガー・アランポー
    発売元
    ページ数
    33ページ
    発売日
    2012-09-27
    新品価格
    中古商品
  • タイトル
    『エドガー・アラン・ポー・16作品⇒1冊』 【さし絵65枚】
    著者
    エドガー・アラン・ポー
    発売元
    エドガー・アラン・ポー全集・出版委員会
    ページ数
    470ページ
    発売日
    2014-10-30
    新品価格
    中古商品
  • タイトル
    黒猫
    著者
    エドガー・アランポー
    発売元
    ページ数
    11ページ
    発売日
    2012-09-27
    新品価格
    中古商品
  • タイトル
    アッシャー家の崩壊
    著者
    エドガー・アランポー
    発売元
    ページ数
    21ページ
    発売日
    2012-09-27
    新品価格
    中古商品
  • タイトル
    早すぎる埋葬
    著者
    エドガー・アランポー
    発売元
    ページ数
    16ページ
    発売日
    2012-10-01
    新品価格
    中古商品
  • タイトル
    黄金虫
    著者
    エドガー・アランポー
    発売元
    ページ数
    59ページ
    発売日
    2012-09-13
    新品価格
    中古商品
  • タイトル
    ポー名作集 (中公文庫)
    著者
    エドガー・アランポー
    発売元
    中央公論新社
    ページ数
    323ページ
    発売日
    2010-07-23
    新品価格
    ¥ 864
    中古商品
    ¥ 364 より
  • タイトル
    盗まれた手紙
    著者
    エドガー・アランポー
    発売元
    ページ数
    23ページ
    発売日
    2012-09-13
    新品価格
    中古商品
  • タイトル
    メールストロムの旋渦
    著者
    エドガー・アランポー
    発売元
    ページ数
    20ページ
    発売日
    2012-09-13
    新品価格
    中古商品
  • タイトル
    落穴と振子
    著者
    エドガー・アランポー
    発売元
    ページ数
    17ページ
    発売日
    2012-09-27
    新品価格
    中古商品

音楽作品

エドガー・アラン・ポー (Edgar Allan Poe, 1809-1849) 詩人、小説家。  1809年1月19日、旅役者をしていたデヴィッド・ポー・ジュニアと女優エリザベス・アーノルド・ホプキンスの第二子として、ボストンに生まれる。ポーが生まれて9ヵ月後、デイビッドはエリザベスとポーを残して蒸発。まだ若かった母エリザベスは、2人の子どもを連れてチャールストン、ノーフォーク、リッチモンドと転々と仕事を求めて歩き回らねばならなかった。この過労から1811年12月、エリザベスは肺病に罹り死去する。この時の母との生活は、およそポーの人生や想像力の大半を決定付ける要因となったと見てもいいだろう。彼の詩や物語に現れる、穢れなき若き女性への憧憬のごとき感情は、ポーにおいては若くして死んだ母との想い出の中から生み出された。彼は、終生、母の似姿をペンダントに入れて肌身離さず持っていたというエピソードが伝えられている。  早くして両親に死なれたポーは、兄弟とは別の家族、当時子どもがいなかった豪商ジョン・アランとフランシス・アランの夫婦に引き取られることになった。ポーのミドル・ネームは、この夫婦の姓から付けられている。家は当時裕福であった。イギリスにも商売を広げていたジョンに付き従って、幼いポーは7歳から11歳の多感な時代をイギリスで過ごすことになる。この時の経験は、ポーの、後に開花する文学的感性を形成する一端を担っていたといえるだろう。アメリカに帰国した後、ポーはいよいよ自らの文学を開始する。1827年には、その当時直面していた義父との関係悪化の憂さを晴らすかのごとくに、高度に美学的耽 …… (引用元 Hatena Keyword)