生年月日データベース

逸見稔へんみみのる

テレビプロデューサー[日本]

1933年 4月1日 生 (満86歳)

逸見 稔(へんみ みのる、1933年4月1日 - 1995年12月9日)は、日本のテレビプロデューサー。
人気テレビ時代劇『水戸黄門』、『大岡越前』などを手掛けた。
来歴・生涯 神奈川県出身。
慶應義塾大学法学部卒。
大学を卒業すると同時に松下電器産業に入社して、東京宣伝部に配属される。
初仕事はCMソング「明るいナショナル」の担当。
やがてドラマを任されることとなり、スポンサー側プロデューサーという立場の「クライアントプロデューサー」としてテレビ番組作りに参加し、青春ドラマのはしり『青年の樹』、ホームドラマのはしり『七人の孫』(森繁久彌主演)、クイズ番組のはしり『ズバリ!当てましょう』(フジテレビ)等を制作した。
1966年に開始した、NETテレビ(現・テレビ朝日)のナショナルゴールデン劇場で、時代劇、サスペンス、現代劇、フルーツ・シリーズ等ジャンルにとらわれない多数の作品を制作し、『だいこんの花』が大ヒットを飛ばした。

映像作品

関連書籍

ドラマプロデューサー。映画プロデューサー。慶應義塾大学法学部卒。 故人。 1933年4月1日生まれ。神奈川県出身。 元々は松下電器の宣伝部長で、「明るい ナショナル〜」のCMソングを手懸けたことでも有名。TBS系列で放送されている月曜夜8時からの時代劇シリーズ(通称・ナショナル時代劇)は、スポンサーである松下の社員であった逸見氏の発案でスタートした。 今やナショナル時代劇を代表する作品である『水戸黄門』の記念すべき第1部は脚本家・宮川一郎が全て書ききったが、逸見氏を中心とした創作集団「葉村彰子」が第2部から登場。高名な脚本家や映画監督を適材適所に起用し娯楽性を高め、やがて高視聴率番組へと成長させていく。 逸見氏がプロデュースした作品は、お年寄りや目の不自由な方のため、暗い場面はほとんど使用せず、また、水戸黄門に関して言えば、シリーズ初期には印籠が出ない回もあったが、視聴者から「この場面がないと面白くない」との苦情が寄せられたため、毎回登場するようになった。また、度々前後編を設けていたが、こちらも苦情が寄せられ、全て1話完結にすることとなった。 1980年独立。「オフィスヘンミ」を設立し、ドラマやCM、映画などを手懸けていくこととなる。 水戸黄門に関しては、時に「マンネリだ」と批判されることもあったが、逸見氏は「このマンネリがいいのだ。人の心に今も昔もない」と、頑なに主張。その結果、水戸黄門は国民的時代劇として、最高の知名度を得ることとなった。 水戸黄門第24部の放映中急逝。現在では逸見氏の遺志を受け継ぎ、原点回帰を目指したドラマ作り …… (引用元 Hatena Keyword)

「逸見稔」と関連する人物