生年月日データベース

石原藤夫いしはらふじお

SF作家[日本]

1933年 4月1日 生 (満86歳)

石原 藤夫(いしはら ふじお、1933年〈昭和8年〉4月1日 - )は、日本の小説家、SF作家、サイエンス・ライター、SF書誌研究家、通信工学者(工学博士)である。
2000年ごろ、インターネット上で保守的な発言を始めた頃から、過去の自作に因んで“オロモルフ”と名乗り始めた。
ハードSF研究所主宰。
日本文芸家協会、日本推理作家協会、日本SF作家クラブなどの会員。
靖国神社崇敬奉賛会終身会員。
元玉川大学教授。
論文特許多数あり。
東京府東京市(現在の東京都渋谷区原宿)生まれ。
早稲田大学理工学部電気通信学科卒。
日本電信電話公社 (NTT) に入社。
NTT研究所を経て玉川大学教授。
定年にて教授職を退官の後は執筆活動とマイクロ波研究に専念。
専門はマイクロ波導波管回路素子。
SF小説 1965年(昭和40年)に、ユーモラスなキャラクターに、科学的に緻密な異世界を設定した作品『高速道路』(のちに『ハイウェイ惑星』と改題)を発表してSF作家としてデビュー。

1933年、東京都出身。SF作家。工学博士。日本SF作家クラブ会員。ハードSF研究所主宰。日本にしては珍しい理工的な知識にもとづくハードSFの書き手として知られる。代表作に『ハイウェイ惑星』(ISBN:4150300550)、『コンピュータが死んだ日』(ISBN:4150300828)など。 多くの科学エッセイも執筆。また長年に渡って行ってきたSF書籍の書誌も高く評価されている。 こうした業績が認められ、1991年に第12回日本SF大賞特別賞を受賞。 昨今ではもっぱら小説以外の著作と、SF雑誌、SF書籍の書誌的な研究、「日本の伝統文化を大切にする活動」に集中している。 (引用元 Hatena Keyword)