生年月日データベース

神楽坂浮子かぐらざかうきこ

歌手[日本]

1938年 1月15日 生 (満81歳)

神楽坂 浮子(かぐらざか うきこ、1938年1月15日 - 2013年11月20日)は日本の歌手。
本名:大野景子。
東京の深川出身。
高校生のときに神楽坂はん子に憧れ、高校を中退して芸者になる。
後に、古賀政男門下となり、芸者歌手としてデビューする。
市丸や榎本美佐江ら先輩日本調歌手に後押しされ、1956年には「十九の春」(作詞・吉川静夫、作曲・清水保雄:沖縄民謡の「十九の春」とは同名異曲)が大ヒット。
プロ歌手の仲間入りを果たす。
その後も日本調のみにとどまらず、ドドンパなどのリズムにも挑戦する。
また、その美貌から映画にも出演。
NHK紅白歌合戦に2回出場している(詳細は下記参照)。
1963年に一般人の男性と結婚。
昭和40年代の懐メロブームの際は、東京12チャンネルの「なつかしの歌声」にも出演し、自身のヒット曲を披露していたが、1979年(昭和54年)に一旦引退する。
1997年に歌手活動を再開する。
1995年に神楽坂はん子が亡くなってからは、テレビで彼女の持ち歌だった「ゲイシャ・ワルツ」を披露している。

音楽作品

DMM音楽作品

1938年1月15日〜2013年11月20日 日本の女性歌手。本名は大野景子。東京都出身。 芸者歌手として活躍。代表作に「十九の春」などがある。 (引用元 Hatena Keyword)

「神楽坂浮子」と関連する人物

連想語句
  • 出演
  • エピソード
  • テレビ
  • ドラマ
  • 代表曲
  • 出場歴
  • 十九
  • 古賀
  • 吉川静夫
  • 市丸
  • 政男
  • 映画
  • 東京
  • 榎本美佐江
  • 歌手
  • 歌番組
  • 深川
  • 神楽坂はん子
  • 紅白歌合戦
  • 芸者
  • とき
  • デビュー
  • 中退
  • 作曲
  • 作詞
  • 先輩
  • 出身
  • 後押し
  • 日本調
  • 江東区
  • 門下
  • 高校
  • 高校生