生年月日データベース

森一生もりかずお

映画監督演出家[日本]

1911年 1月15日

1989年 6月29日 死去享年89歳
森一生 - ウィキペディアより引用

森 一生(もり かずお、1911年1月15日 - 1989年6月29日)は、日本の映画監督、演出家である。
通り名で「もり いっせい」とも呼ばれる。
来歴・人物 愛媛県松山市に生まれる。
京都帝国大学文学部を卒業。
1933年、日活太秦撮影所に入社する。
1934年に第一映画社、1936年に新興キネマへ移籍した。
伊藤大輔、犬塚稔らの助監督を経て、1936年、『仇討膝栗毛』で監督デビューする。
その後、新興キネマを吸収した大映に移籍し、『大阪商人』などを監督するが、程なく応召する。
復員後は多くのプログラムピクチャーを監督。
黒澤明とは、ほぼ同世代の映画人ということで戦前から友誼を結び、黒澤脚本の『決闘鍵屋の辻』を撮り、のちに黒澤脚本の『日露戦争勝利の秘史 敵中横断三百里』も監督している。
1959年には勝新太郎と市川雷蔵を主役にした『薄桜記』が公開された。
1971年の大映倒産後は、テレビドラマの演出を手がけ、『木枯し紋次郎』、『座頭市物語』、『横溝正史シリーズ』など多くの作品を手がけた。

映像作品

関連書籍

音楽作品

  • タイトル
    座頭市物語 DVD-BOX
    歌手
    発売元
    ユニバーサルミュージック
    発売日
    2007年1月17日
    演奏時間
    1170分
    新品価格
    ¥ 69,800
    中古商品
    ¥ 36,500 より

DMMメディア

連想語句
  • 映画
  • キネマ
  • 新興
  • テレビドラマ
  • フィルモグラフィー
  • 伊藤大輔
  • 太秦
  • 愛媛県
  • 撮影所
  • 文学部
  • 日活
  • 松山市
  • 演出家
  • 犬塚稔
  • 監督
  • いっせい
  • もり
  • デビュー
  • 京都
  • 京都大学
  • 仇討
  • 入社
  • 助監督
  • 卒業
  • 吸収
  • 大学
  • 帝国
  • 映画社
  • 移籍
  • 膝栗毛
  • 通り名