生年月日データベース

小谷正雄こたにまさお

物理学者[日本]

1906年 1月14日

■ 関連書籍

こたにまさお [生]1906.1.14.京都[没]1993.6.6.東京物理学者。東京帝国大学理学部物理学科卒業(1929)。同大学工学部講師,理学部助教授を経て,東京大学教授(44~65)。大阪大学基礎工学部教授(65~69)。分子の量子力学的研究に成果をあげ,「分子エネルギー計算のための積分表」(38)は世界的に高い評価を得た。第2次世界大戦中に朝永振一郎らと行なった磁電管(マグネトロン)の発振機構と立体回路の理論的研究で,1948年日本学士院賞を受賞。60年日本生物物理学会の創立の中心となり委員長をつとめ,分子物理学に関する研究で74年藤原賞を受賞。70年から82年まで東京理科大学学長。80年に文化勲章を受章した。 (引用元 コトバンク)

「小谷正雄」と関連する人物

連想語句
  • 日本
  • 物理
  • 物理学
  • 学会
  • 東京理科大学
  • 生物
  • 京都府
  • 先生
  • 功労者
  • 受賞
  • 学士院
  • 文化
  • 文化勲章
  • 東京大学
  • 藤原
  • 今上天皇
  • 公男
  • 分子
  • 創設
  • 受章
  • 名誉教授
  • 回路
  • 大野
  • 学長
  • 教育
  • 明仁
  • 機構
  • 物物
  • 理学
  • 発振
  • 磁電
  • 立体
  • 貢献
  • 選出