生年月日データベース

石川真澄いしかわますみ

ジャーナリスト[日本]

1933年 3月26日

2004年 7月16日 死去享年72歳

石川 真澄(石川 眞澄、いしかわ ますみ、1933年3月26日 - 2004年7月16日)は、日本のジャーナリスト。
東京都出身。
1957年、九州工業大学工学部機械工学科卒業。
大学卒業後、工学系の大学出身者が分野の違うマスコミに入社するのは当時としては珍しかった中で、朝日新聞社に入社する。
朝日新聞では政治部に所属し、池田勇人首相番から政界の取材を開始する。
『朝日ジャーナル』編集部副編集長、調査研究室主任研究員などを経て、1978年に朝日新聞政治担当編集委員に就任する。
1991年から朝日新聞社役員待遇。
朝日新聞社在籍中の1983年から法政大学法学部でマスコミュニケーション論の講座を持ち、1985年からは早稲田大学政治経済学部で政治学の非常勤講師を務めた。
朝日新聞社退職後は新潟国際情報大学情報文化学部教授、桜美林大学大学院国際学研究科教授を歴任した。
2004年7月16日に悪性胸腺腫のため71歳で死去。
『戦後政治史』の加筆を行った山口二郎によれば、その序文を書きあげた2日後の死 であったという。

元朝日新聞編集委員。 1957年九州工業大学卒業後、朝日新聞に入社。 編集委員などを歴任した後、新潟国際情報大学、桜美林大学大学院などで教鞭をとる。 2004年没。 (引用元 Hatena Keyword)