生年月日データベース

柴田是真しばたぜしん

漆芸家、日本画家[日本]

(帝室技芸員、文化4年2月7日生)

1807年 3月15日

1891年 7月13日 死去享年85歳
柴田是真 - ウィキペディアより引用

関連書籍

DMMメディア

幕末・明治の日本画家・蒔絵工。東京生。幼名は亀太郎、のち順蔵、別号に令哉・古満等。古満寛哉に蒔絵を、鈴木南嶺・岡本豊彦に四条派を学び、絵画・蒔絵・漆絵に才を発揮する。古来とだえていた蒔絵の技法・青海波塗を復活させ、内外の展覧会で受賞した他、宮中の御用も度々つとめ、明治御殿襖絵や新宮殿杉戸絵などを描いた。頼山陽・香川景樹ら諸名家とも親交した。帝室技芸員。明治24年(1891)歿、85才。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 作品
  • 日本画
  • 漆工
  • 代表作
  • 婿養子
  • 幼名
  • 弟子
  • 江戸
  • 江戸時代
  • 登場
  • 絵師
  • 蒔絵
  • 近世
  • 門下生
  • 中期
  • 亀太郎
  • 出身
  • 分野
  • 印籠
  • 工人
  • 市五郎
  • 彫師
  • 役割
  • 文化
  • 日本
  • 明治
  • 是真
  • 柳亭
  • 柳居
  • 柴田
  • 橋渡し
  • 活動
  • 煙草
  • 称号
  • 紙入
  • 袋物
  • 越後
  • 越後国
  • 近代
  • 順蔵