生年月日データベース

宣銅烈Sun Dong-Yol

プロ野球選手、監督[韓国]

1963年 1月10日 生 (満55歳)

宣銅烈 - ウィキペディアより引用

■ 関連書籍

  • タイトル
    真っ向勝負
    著者
    宣銅烈
    発売元
    文藝春秋
    発売日
    1996-04
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 389 より

■ 音楽作品

Sun Dong yol ソン・ドンヨル 韓国プロ野球、ヘテ・タイガースの選手、三星ライオンズの監督。 プロ野球、中日ドラゴンズの選手。 通称「韓国の至宝」。「無等山爆撃機」。 右投右打、ポジションは投手。背番号は18→20番。 1963年1月10日生まれ。韓国光州広域市出身。 光州一高で全国制覇。高麗大学時代に世界青少年野球選手権で韓国を優勝に導く。 1982年、世界アマチュア野球選手権(現・IBAFワールドカップ)で優勝し、最優秀選手に選ばれる。 1984年、ロサンゼルスオリンピックにも出場。 1985年、ドラフト1位で韓国プロ野球、ヘテ・タイガースに入団。 1年目はシーズン後半から出場し、7勝4敗8セーブという成績ながら、防御率1.70で最優秀防御率のタイトルを獲得。 その後、7年連続で最優秀防御率のタイトルを獲得。最多勝4度。 ヘテ・タイガースのエースとして活躍。 金城漢、韓大化らと共にタイガースの最多優勝に貢献。1980年代の黄金時代を築く。 韓国球界最高の投手として、絶大な人気を誇った。 150km/hを超える速球と、一見して速球と区別が付かない2種類の高速スライダーを武器にした。 また、抜群の制球力で圧倒的な成績を収めた。 1991年、1995年の日韓野球に連続出場。 1996年、日本球界への挑戦を決意。中日ドラゴンズへ入団。 ドラゴンズのエースナンバーを背負い、韓国球界の期待を背負うも、日本球界に馴染めず、1年目は好成績を残せなかった。 しかし、トレーニングに日本式を取り入れ、1997年以降、クローザーとして大車輪の活躍。*1 佐々木主浩、高津臣吾と共に球界を代表する抑え投手 …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • ソン
  • ドンヨル
  • 光州
  • ハングル
  • プロ野球
  • 全羅南道
  • 大韓民国
  • 広域
  • 投手
  • 朝鮮
  • 漢字
  • 英語
  • 選手
  • 韓国語
  • ソンドンニョル
  • 出身
  • 各種
  • 指導者
  • 時代
  • 球界
  • 発音
  • 野球
  • 銅烈
  • 韓国