生年月日データベース

長門裕之ながとひろゆき

俳優[日本]

1934年 1月10日

2011年 5月21日 死去享年78歳
長門裕之 - ウィキペディアより引用

長門 裕之(ながと ひろゆき、1934年1月10日 - 2011年5月21日)は、日本の俳優。
本名は加藤 晃夫(かとう あきお)。
来歴・人物 妻は南田洋子、実弟津川雅彦、父は沢村国太郎、母はマキノ智子、叔父に加東大介、叔母に沢村貞子、祖父には「日本映画の父」と呼ばれる牧野省三、狂言作者の竹芝伝蔵、姪には真由子をもつという芸能一家で有名。
沖縄アクターズスクール校長であるマキノ正幸は母方の従兄弟。
南田との間に子供はいなかった。
真由子からは「アーチー」(「晃夫おじさん」の意味)と呼ばれていた。
京都府京都市中京区生まれ。
花園高等学校卒業から立命館大学文学部中退。
元阪神タイガース監督の吉田義男は同学年であり大学時代の同期だが、吉田も中退している。
映画初出演は1940年の『続清水港』。
第二次大戦前の少年期から名子役として広く知られた。
学生時代は俳優を一時休業するが、戦後、映画製作を再開した日活に入社。
太陽族映画の第一作となる『太陽の季節』に主演し、デビュー間もない石原裕次郎と共演したほか、今村昌平監督ともコンビを組み、印象深い演技を残し、「日活の看板スター」となった(が、この映画を機に一気に人気となった南田とは対照的に、津川や後輩の石原らに人気は奪われた)。

映像作品

関連書籍

音楽作品

  • タイトル
    松たか子主演「櫂」 [DVD]
    歌手
    発売元
    NHKエンタープライズ
    発売日
    2007年8月22日
    演奏時間
    258分
    新品価格
    中古商品
    ¥ 6,000 より

日本を代表する俳優。 京都府京都市中京区出身。 1934年1月10日生まれ。2011年5月21日、肺炎による合併症のため死去。77歳。 夫人は南田洋子。1961年に結婚。ミュージックフェアの司会を務めるなど夫婦でのメディア出演も多かった。認知症の南田を介護し、著書「待ってくれ、洋子」も出版された。 叔父:加東大介・マキノ雅弘、叔母:沢村貞子、弟:津川雅彦 という芸能人一家。 最終学歴は立命館大学中退。1940年俳優デビュー。主演映画「太陽の季節」(1956年)で脚光を浴びる。「にあんちゃん」(1959年)でブルーリボン主演男優賞・ホワイトブロンズ男優賞を受賞。以降、映画・ドラマに幅広く出演。芸能界の中でも愛妻家として有名だった。 TVドラマ「スケバン刑事」では顔が映らない「暗闇司令」を演じていた。エンドロールでは「暗闇司令:?」と役者の名前が伏せてあったが声でバレバレであった。 ちなみに長門裕之の若い頃はサザンオールスターズの桑田佳祐と顔が似ており、桑田自身もそのことを何度かネタにしている。 (引用元 Hatena Keyword)