生年月日データベース

直良信夫なおらのぶお

生物学者[日本]

1902年 1月10日

関連書籍

なおら-のぶお 1902-1985昭和時代の考古学者,古生物学者。明治35年1月10日生まれ。昭和6年兵庫県明石市西八木海岸で洪積世地層から人類の腰骨を発見。明石原人と名づけられたが,原人類のものかどうか疑問がおおい。7年から早大で徳永重康に師事,35年教授。その間,葛生(くずう)原人などの化石を発見した。昭和60年11月2日死去。83歳。大分県出身。岩倉鉄道学校卒。旧姓は村本。著作に「日本旧石器時代の研究」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 考古学
  • 動物
  • 考古学者
  • 明石
  • 環境
  • 発見
  • エピソード
  • 上京
  • 功労
  • 博士
  • 原人
  • 古生物
  • 学者
  • 家族
  • 文化
  • 文学
  • 晩年
  • 生涯
  • 種子
  • 葛生
  • 貝塚
  • いしずえ
  • 今日
  • 出土
  • 受賞
  • 名誉教授
  • 婿養子
  • 従来
  • 復元
  • 日本
  • 旧姓
  • 早稲田大学
  • 明石市
  • 村本
  • 植物
  • 業績
  • 様々
  • 直良
  • 石人
  • 等閑
  • 結婚
  • 著書
  • 過去
  • 遺跡
  • 遺骸
  • 食物