生年月日データベース

直良信夫なおらのぶお

生物学者[日本]

1902年 1月10日

直良 信夫(なおら のぶお、1902年1月1日 - 1985年11月2日)は、日本の考古学者、動物考古学者、古生物学者、文学博士。
明石人、葛生人などの発見で知られる。
また、従来の日本考古学では等閑に付されていた、遺跡から出土する骨や種子といった、動物植物の様々な遺骸を考古学的に研究し、過去の食物や環境復元を進めた。
特に貝塚研究では先駆的業績をあげ、今日の動物考古学や環境考古学の礎(いしずえ)を築いた。
明石市文化功労賞受賞。
なお直良姓は婿養子として結婚後の姓であり、旧姓は村本。
生涯 生い立ち 1902年1月10日、大分県北海部郡臼杵町(現・臼杵市)に、8人姉弟の次男として生まれる。
村本家は祖父の代まで臼杵藩の武士であったが、明治以降は没落し、父が沖仲仕をしながら母や姉弟が農作業で収入を助ける貧しい家であった。
そんな中、信夫は野外にいることが多かったこともあり、生物に興味を持つ一方、祖父から源平合戦などの武者話を聞き続けることで、歴史にも興味を持ったという。

関連書籍

DMMメディア

なおら-のぶお 1902-1985昭和時代の考古学者,古生物学者。明治35年1月10日生まれ。昭和6年兵庫県明石市西八木海岸で洪積世地層から人類の腰骨を発見。明石原人と名づけられたが,原人類のものかどうか疑問がおおい。7年から早大で徳永重康に師事,35年教授。その間,葛生(くずう)原人などの化石を発見した。昭和60年11月2日死去。83歳。大分県出身。岩倉鉄道学校卒。旧姓は村本。著作に「日本旧石器時代の研究」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 考古学
  • 動物
  • 考古学者
  • 明石
  • 環境
  • 発見
  • エピソード
  • 上京
  • 功労
  • 博士
  • 原人
  • 古生物
  • 学者
  • 家族
  • 文化
  • 文学
  • 晩年
  • 生涯
  • 種子
  • 葛生
  • 貝塚
  • いしずえ
  • 今日
  • 出土
  • 受賞
  • 婿養子
  • 従来
  • 復元
  • 日本
  • 旧姓
  • 明石市
  • 村本
  • 植物
  • 業績
  • 様々
  • 直良
  • 石人
  • 等閑
  • 結婚
  • 著書
  • 過去
  • 遺跡
  • 遺骸
  • 食物