生年月日データベース

下柳剛しもやなぎつよし

プロ野球選手[日本]

1968年 5月16日 生 (満51歳)

下柳剛 - ウィキペディアより引用

下柳 剛(しもやなぎ つよし、1968年5月16日 - )は、長崎県長崎市出身の野球解説者・元プロ野球選手(投手)。
マネージメントはハイタイド。
プロ入り前 瓊浦高等学校から高校野球の指導者を目指して八幡大学(現:九州国際大学)に進学するも、1年で中退。
しばらくは仕事をせずバイクを乗り回す生活を続けていたが、恩師の紹介で社会人野球の新日鐵君津に入社し、1988年にはエースとしてチーム初となる第59回都市対抗野球大会出場に貢献。
予選全試合を1人で投げ抜き、試合で完投した後でも平然と200球近くの投げ込みを行なうなど、当時からタフネスぶりを見せていた。
なお、瓊浦高校には下柳が作った「下柳マウンド」が存在する。
1990年のドラフト会議で福岡ダイエーホークスから4位指名を受け入団。
ダイエー時代 1年目の1991年は1試合に登板したが、1回を投げ切れず2/3を4失点で降板するなど炎上した。
1992年は1軍登板なしに終わった。
1993年は50試合登板した。
一方で先発でも10試合に登板した。
全体では防御率4.13と安定感を欠いたものの4勝8敗5セーブを挙げた。

映像作品

関連書籍

プロ野球選手。ポジションは投手。 1968年5月16日生まれ、長崎県長崎市出身、O型、左投左打。 入団3年目から主に先発・中継ぎで活躍、1994年には62試合登板11勝5敗を記録し、オールスターにも出場した。そのタフさから当時は「アイアン・ホーク」と呼ばれていた。しかし1995年に交通事故を起こし、怪我の影響で登板機会が減少。ホークスの王貞治監督とソリが合わなかった事もあり、このシーズン終了後にファイターズに移籍。移籍後は中継ぎ→抑え→先発と転向、貴重な左腕として活躍するが、2002年シーズンは安定感を失い、シーズン終了後にタイガースに移籍。エースとして活躍し2003年と2005年のリーグ優勝に貢献。 2011年オフにタイガースから戦力外通告され、2012年イーグルスにテスト入団。 恥ずかしがり屋のため、ヒーローインタビューにあまり出たがらない。 (引用元 Hatena Keyword)