生年月日データベース

亀田大毅かめだだいき

プロボクシング選手[日本]

1989年 1月6日 生 (満30歳)

亀田大毅 - ウィキペディアより引用

亀田 大毅(かめだ だいき、男性、1989年(昭和64年)1月6日 - )は、日本の元プロボクサー。
大阪府大阪市西成区天下茶屋出身。
第71代WBA世界フライ級王者。
第25代IBF世界スーパーフライ級王者。
世界2階級制覇王者。
亀田三兄弟の次男で、亀田興毅の弟であり、亀田和毅・亀田姫月の兄である。
かつては父の亀田史郎がトレーナーを務めていた。
兄の興毅と違い、左フックを得意とする右ボクサーファイター。
自称「浪速乃弁慶」(なにわのべんけい)。
その由来は「倒れないタフなところ」に憧れたもの。
デビュー戦用のポスターには自ら武蔵坊弁慶のイラストを描いた。
イラストが得意で、イラストレーター志望、ピアノ演奏や歌唱により、音楽志望という報道がなされたこともある。
プロライセンスの実技試験には、50人を超える報道陣が集まり、同日にパシフィコ横浜でデビュー戦を行った。
主にKO勝ちした場合、試合後リング上で歌いあげるパフォーマンスを行なっている。
一番好きな歌はT-BOLANの離したくはない。
リンク先も参照。
誕生日が1989年1月6日、つまり大変珍しい「昭和64年」生まれの著名人である。

映像作品

関連書籍

亀田3兄弟の次男。  大阪府大阪市西成区天下茶屋出身。 2006年1月11日 B級ライセンス(6回戦)に合格。 長男の亀田興毅と同じ協栄ジムに所属。通称「浪速の弁慶」。 2006年2月26日 デビュー戦を白星で飾る。(1R23秒KO) 2007年10月11日 WBC世界フライ級タイトルマッチで王者の内藤大助に判定負け。 前日の記者会見の場で「負けたら切腹するよ。」と宣言していたため、今後の動向が注目されている。 この試合で、亀田大は内藤を持ち上げて投げつけるなどの反則を犯し、12回に3点減点。試合全般を通じグローブで目を突くサミング、太ももを打つローブローなどを繰り返した。 2007年10月15日 ジム経営者らで組織する東日本ボクシング協会は「期限付きのライセンス停止処分」を、日本ボクシングコミッション(JBC) に要請。 同日、JBCは倫理委員会を開き、ボクサーライセンスの1年間停止との処分を決めた。 (引用元 Hatena Keyword)