生年月日データベース

今西錦司いまにしきんじ

人類学者[日本]

1902年 1月6日

今西錦司 - ウィキペディアより引用

■ 映像作品

■ 関連書籍

いまにしきんじ [生]1902.1.6.京都[没]1992.6.15.京都生態学者,人類学者,探検家。京都大学農林生物科卒業(1928)。京都大学,岡山大学教授,岐阜大学学長を歴任。第2次世界大戦前は,数次にわたり白頭山,ポナペ,ターシンアンリン(大興安嶺)などを探検。戦後は,ネパールヒマラヤ,マナスル,カラコルム,ヒンドゥークシ探検。この間水生昆虫などの生態学的研究を行い「すみわけ理論」を提唱。ニホンザルなど霊長類研究グループの養成,進化理論の展開などに貢献。1972年文化功労者に選ばれ,79年文化勲賞を受賞。著書『生物社会の論理』(49),『人間以前の社会』(52),『今西錦司全集』(75)。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 京都大学
  • 学者
  • 日本
  • 生態
  • 名誉教授
  • 登山家
  • 霊長類
  • アルプス
  • チンパンジー
  • ニホンザル
  • 京都府
  • 人文科学研究所
  • 人類
  • 分布
  • 博士
  • 垂直
  • 大戦
  • 学歴
  • 岐阜大学
  • 文化
  • 渓流
  • 理学
  • 職歴
  • 不可分
  • 世界
  • 両者
  • 京都
  • 今西
  • 出身
  • 初期
  • 初登頂
  • 創始者
  • 国内
  • 基礎
  • 多く
  • 大学
  • 学外
  • 帝国
  • 役職
  • 後者
  • 探検
  • 探検家
  • 昆虫
  • 有名
  • 森林
  • 水生
  • 活動
  • 理学部
  • 理論
  • 白頭山
  • 直接
  • 遠征
  • 隊長