生年月日データベース

細川忠興ほそかわただおき

戦国大名、小倉藩初代藩主[日本]

(永禄6年11月13日生)

(ユリウス暦) 1563年 11月28日

1646年 1月18日 死去享年83歳
細川忠興 - ウィキペディアより引用

■ 関連書籍

ほそかわただおき [生]永禄6(1563).京都[没]正保2(1645).12.2.肥後安土桃山時代,江戸時代初期の武将。長岡藤孝(細川幽斎)の長男で輝経の養子。母は沼田上野介光兼の娘。幼名,熊千代,のち與一郎。越中守となった。初め丹後宮津城にいて,12万石を領した。本能寺の変で,妻(細川ガラシャ)の父明智光秀に誘われたが羽柴(豊臣)秀吉に従った。その後,小田原征伐,文禄・慶長の役にも参戦。慶長5(1600)年の関ヶ原の戦いでは徳川家康に属し,戦後豊前小倉に移封され,元和5(19)年子の忠利に家を譲って三斎宗立を号した。和歌,絵画,蹴鞠(けまり),乱舞,有職故実に通じ,茶の湯は千利休に学び門下七哲の一人。著書『細川三斎茶書』。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 細川
  • 三斎
  • 肥後
  • 茶道
  • 足利義昭
  • ガラシャ
  • 丹後
  • 初代
  • 利休
  • 大坂の陣
  • 室町
  • 宮津
  • 小倉
  • 幕府
  • 幼少期
  • 幽斎
  • 徳川家康
  • 明智光秀
  • 時代
  • 本能寺
  • 正室
  • 生涯
  • 織田
  • 羽柴
  • 藩主
  • 豊前
  • 豊臣秀吉
  • 足利
  • 長岡
  • さんさい
  • 一人
  • 出身
  • 基礎
  • 将軍
  • 征夷大将軍
  • 支流
  • 教養人
  • 有力者
  • 有名
  • 流派
  • 玉子
  • 現在
  • 織田信長
  • 茶人
  • 追放
  • 通称
  • 開祖