生年月日データベース

岸田秀きしだしゅう

心理学者[日本]

1933年 12月25日 生 (満85歳)

岸田 秀(きしだ しゅう 1933年12月25日-)は、日本の心理学者、精神分析学者、思想家、エッセイスト、和光大学名誉教授。
主著に『ものぐさ精神分析』。
翻訳書も多数著している。
新しい歴史教科書をつくる会の賛同者として、産経新聞にコメントを寄せたことがある。
妻の由美は、文化人類学者の船曳建夫の実姉。
年譜 香川県善通寺町(現・善通寺市)に生まれる。
1946年、香川県尋常中学校(旧制)に入学。
1948年、学制改革により同中学校は香川県立丸亀高等学校となる。
中学、高校時代は友人と新体詩をつくることに熱中する。
1952年3月、丸亀高校を卒業。
1956年3月、早稲田大学文学部心理学科を卒業。
1959年、同大学大学院修士課程修了。
その後、ストラスブール大学大学院留学。
岸田の弁によれば、同大学院を「卒業」したと思っていたが博士号取得の有無を確認していないという。
1972年、和光大学助教授に就任。
1976年、同大学教授に就任。
2004年、同大学を定年退職。
雑誌『現代思想』『ユリイカ』によって思想界にデビュー。
1977年に上梓した『ものぐさ精神分析』はベストセラーとなり話題となる。

関連書籍

精神分析学者、エッセイスト、和光大学名誉教授。 昭和8年(1933年)12月25日香川県善通寺市生まれ 早稲田大学卒業 中学時代から強迫神経症に悩まされ、自信の心の問題を解決しようとしたのがこの道に進んだきっかけ。やがてフロイドの著作に出会い、精神分析の研究をし、強迫症状はすべて自分を支配しようとした母親との葛藤から起きたものと悟り、神経症から解放される。 昭和52年(1977年)、人間は本能の壊れた動物であり、「幻想」や「物語」に従って行動しているにすぎないとする「史的唯幻論」を『ものぐさ精神分析』の中で披露、一大センセーションをよぶ。 主な著作 『ものぐさ精神分析』 『ものぐさ精神分析 続』 『幻想の未来 唯幻論序説』 『嫉妬の時代』 『性的唯幻論序説』 『官僚病の起源』 『日本人と「日本病」について』山本七平 共著 『哺育器の中の大人 精神分析講義』伊丹十三 共著 『一神教VS多神教』聞き手 三浦雅士 (引用元 Hatena Keyword)