生年月日データベース

外村繁とのむらしげる

作家[日本]

1902年 12月23日

外村繁 - ウィキペディアより引用

関連書籍

DMMメディア

  • 外村繁の世界

とのむらしげる [生]1902.12.23.滋賀,南五箇荘[没]1961.7.28.東京小説家。本名,茂。第三高等学校を経て1927年東京大学経済学部卒業。5年間家業の呉服木綿問屋を経営。その後弟に店を譲って小説を書きはじめ,『鵜の物語』(1933)などの「商店もの」で注目された。代表作は3部作『草筏』(35~39),『筏』(54~56),『花筏』(57~58)や,『落日の光景』(60),『澪標(みおつくし)』(60)など。 (引用元 コトバンク)

「外村繁」と関連する人物

連想語句
  • 五個荘
  • 金堂
  • 滋賀県
  • 信三郎
  • 家族
  • 小説家
  • 文学
  • 文芸
  • 東近江市
  • 池谷
  • 神崎郡
  • 私小説
  • 芥川龍之介
  • 著作
  • 読売
  • 近江商人
  • 野間
  • 関連
  • 顕彰
  • むら
  • 候補
  • 出自
  • 出身
  • 受賞
  • 各賞
  • 外村
  • 多く
  • 小説
  • 日本
  • 本名
  • 発表
  • 近世
  • 近代
  • 題材