生年月日データベース

多木浩二たきこうじ

美術評論家[日本]

1928年 12月27日 生 (満89歳)

多木 浩二(たき こうじ、1928年 - 2011年4月13日)は、日本の思想家、批評家(美術評論家・写真評論家)。
専門は、芸術学、哲学。
来歴・人物 兵庫県神戸市生まれ。
旧制第三高等学校、東京大学文学部美学美術史学科卒業。
東京造形大学教授、千葉大学教授、神戸芸術工科大学客員教授を歴任。
1955年、『美術批評』誌の第2回芸術評論賞にて「井上長三郎論」で佳作入選。
中平卓馬、森山大道とともにPROVOKEの同人であったこともあり、写真についての評論を多く手がけているが(『日本写真史1840-1945(平凡社・1971年)』の本文の一部執筆も行っている)、それに限られることなく、美術一般、建築、戦争等にまで、その批評対象は及んでいる。
1979年頃、研究会「都市の会」で中村雄二郎、山口昌男、河合隼雄らと出会う。
1998年、『シジフォスの笑い』で芸術選奨文部大臣賞受賞。
2011年4月13日、肺炎のため神奈川県平塚市の病院で死去。
82歳没。
著書 単著 『ことばのない思考――事物・空間・映像についての覚え書』(田畑書店, 1972年) 『四人のデザイナーとの対話――多木浩二対談集』(新建築社, 1975年) 『生きられた家』(田畑書店,1976年),のち改訂『生きられた家――経験と象徴』(青土社, 1984年/同, 1993年/同, 2000年/岩波書店[岩波現代文庫], 2001年) 『眼の隠喩――視線の現象学』(青土社, 1982年/同, 1992年/同, 2002年/筑摩書房[ちくま学芸文庫], 2008年) 『「もの」の詩学――ルイ十四世からヒトラーまで』(岩波書店[岩波現代選書], 1984年),のち改題・再編集『「もの」の詩学――家具、建築、都市のレトリック』(岩波書店[岩波現代文庫], 2006年) 『欲望からの批評〈1〉視線の政治学』(冬樹社, 1985年) 『モダニズムの神話』(青土社, 1985年) 『欲望 ……

関連書籍

DMMメディア

  • デザインの自然学 自然・芸術・建築におけるプロポーション
  • 映像の歴史哲学
  • 多木浩二と建築
  • 視線とテクスト 多木浩二遺稿集
  • トリノ 夢とカタストロフィーの彼方へ
  • 現代建築家99
  • 表象の多面体 キーファー、ジャコメッリ、アヴェドン、コールハース
  • 眼の隠喩 視線の現象学
  • 森山大道論
  • 日本近現代美術史事典
  • 肖像写真 時代のまなざし
  • 建築家・篠原一男 幾何学的想像力
  • 「もの」の詩学 家具、建築、都市のレトリック
  • 進歩とカタストロフィ モダニズム夢の百年
  • 死の鏡 一枚の写真から考えたこと
  • 雑学者の夢

たきこうじ(1928―2011) 批評家。兵庫県生まれ。1957年(昭和32)東京大学文学部美学美術史学科卒業。在学中の1955年、「井上長三郎論」で美術出版社主宰の第2回「芸術評論募集」に佳作入選するなど、早くから執筆活動を行う。1960年代は東京・北青山でデザイン事務所を営んでいたが、1968年、写真家、評論家中平卓馬(なかひらたくま)、高梨豊、詩人、美術評論家岡田隆彦(1939―1997)らと写真誌『プロヴォーク』を創刊(第2号より森山大道(だいどう)が参加)。同誌で写真評を発表したのを機に本格的な批評活動を開始する。1972年の処女作『ことばのない思考』を皮切りに、以後毎年のように著訳書を刊行、総数は50冊を超える。美術論でデビューを飾り、モダニズム研究や歴史研究、あるいはバーネット・ニューマンやアンゼルム・キーファーなどの作家研究を残していることから美術評論家というイメージが強いが、同時代の状況批評とは一線を画して個人的な関心の追究に徹するスタイルは、美術評論家の定義からは明らかに逸脱するものである。『プロヴォーク』で本格的に関わった写真をはじめ、建築やデザインに関する評論の草分け的存在としても知られるなど、幅広い関心は文化史全般に及び、美の全域に関わる自らの著作活動を本人が「美容術」と称することもある。ものやイメージと人間との関係を独自の視点で掘り下げた『眼の隠喩』(1982)、『欲望の修辞学』(1985)、『視線の政治学』(1985)、フランス革命をはじめとする歴史的事象を現代的な視点で再構成した『「もの」の詩学』(1984)や『絵で見るフランス革命』(1989)、独自の住宅論『生き …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 評論家
  • 教授
  • 美術
  • 共編
  • 共著
  • 共訳
  • 兵庫県
  • 写真
  • 千葉大学
  • 単著
  • 哲学
  • 学校
  • 旧制
  • 東京大学
  • 東京造形大学
  • 神戸市
  • 神戸芸術工科大学
  • 翻訳
  • 芸術
  • 著書
  • 関連
  • 高等
  • 卒業
  • 史学科
  • 客員
  • 専門
  • 文学部
  • 歴任
  • 美学