生年月日データベース

栃本翔平とちもとしょうへい

ノルディックスキージャンプ選手[日本]

1989年 12月21日 生 (満29歳)

栃本翔平 - ウィキペディアより引用

栃本 翔平(とちもと しょうへい、1989年12月21日 - )は、北海道札幌市出身のノルディックスキージャンプの選手。
札幌市立藤野小学校、札幌市立藤野中学校、北海道尚志学園高等学校を経て、2008年から雪印乳業に所属する。
小学3年生の時から札幌ジャンプ少年団に所属し 同い年の伊藤謙司郎と多くの大会でタイトルを分け合ってきた。
地元で開催された2007年ノルディックスキー世界選手権札幌大会ではラージヒル個人戦で日本チーム最高の16位、団体戦では銅メダル獲得に貢献。
その後のノルディックスキージュニア世界選手権では個人、団体共に銀メダルを獲得した。
翌2008年のジュニア世界選手権では個人戦1本目首位に立ったものの2本目逆転されまたしても銀メダルに終わった。
2009年のチェコ・リベレツで行われた世界選手権では、個人ラージヒルでは30位以内に入れなかったため2本目に進めず、34位に終わったが、団体では1本目123.5m、2本目では127.0mの大ジャンプを決めて、日本の2大会連続銅メダル獲得の立役者となった。

とちもと-しょうへい 1989-平成時代のスキージャンプ選手。平成元年12月21日生まれ。小学3年で札幌ジャンプ少年団に所属。平成17年全国中学校スキー選手権で優勝。19年,20年ノルディックスキージュニア世界選手権で2年連続銀メダルをとる。22年バンクーバー冬季五輪の団体で伊東大貴・葛西紀明・竹内択とともに出場して5位入賞,個人ではノーマルヒル37位,ラージヒル45位。雪印乳業所属。北海道出身。北海道尚志学園高卒。 (引用元 コトバンク)

「栃本翔平」と関連する人物