生年月日データベース

三浦雅士みうらまさし

文芸評論家[日本]

1946年 12月17日 生 (満72歳)

三浦 雅士(みうら まさし、1946年12月17日 - )は、日本の編集者、文芸評論家、舞踊研究者。
日本芸術院会員。
1978-80年は執筆時に今井裕康というペン・ネームを使用した。
来歴・人物 青森県弘前市出身。
青森県立弘前高等学校卒業。
高校時代はZ会で全国トップを連続させていた。
母親の再婚相手である義理の父親(青森地裁判事)が東京大学を受験することを強要したが、三浦本人は東京芸術大学を志望し、大喧嘩の末に家を出る。
その後1965年には横須賀でのエンタープライズ寄港反対デモに参加、函館で補導される。
集英社の「明星」編集部に入り、新宿ゴールデン街の「火の子」にもよく通っていた。
1969年、青土社創業とともに入社、『ユリイカ』創刊に参画。
1972年より『ユリイカ』編集長となる。
この間の寺山修司との交際は有名。
1975年より『現代思想』編集長。
1982年退社。
1981年から文芸評論家となり、『メランコリーの水脈』でサントリー学芸賞を受賞。
英文学者の由良君美に勧められ岸田秀に『ユリイカ』の連載(1975年1月号~12月号)を依頼。

関連書籍

DMMメディア

みうら-まさし 1946-昭和後期-平成時代の評論家。昭和21年12月17日生まれ。45年青土社にはいり,48年「ユリイカ」編集長,51年「現代思想」編集長。56年退職し,文学,思想,演劇など幅ひろい評論活動をおこなう。59年「メランコリーの水脈」でサントリー学芸賞。平成3年「ダンスマガジン」編集長に就任。24年「『青春の終焉』『漱石―母に愛されなかった子』『人生という作品』など,独自の視点から温かい理解と成熟を深めている批評の業績」で芸術院恩賜賞。24年芸術院会員。青森県出身。弘前高卒。著作に「私という現象」「寺山修司」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 青森
  • 共著
  • 受賞
  • 叙勲
  • 学校
  • 弘前
  • 弘前市
  • 日本芸術院
  • 本人
  • 活動
  • 県立
  • 社会的
  • 舞踊
  • 著書
  • 青森県
  • 高等
  • いわく
  • どこ
  • エンタープライズ
  • ゴールデン
  • デモ
  • トップ
  • ネーム
  • ペン
  • 三浦
  • 事実
  • 今井
  • 会員
  • 使用
  • 全国
  • 再婚
  • 出身
  • 函館
  • 判事
  • 卒業
  • 参加
  • 反対
  • 受験
  • 地裁
  • 執筆
  • 大喧嘩
  • 寄港
  • 強要
  • 志望
  • 新宿
  • 明星
  • 時代
  • 東京大学
  • 東京芸術大学
  • 横須賀
  • 母親
  • 父親
  • 相手
  • 研究者
  • 義理
  • 裕康
  • 補導
  • 連続
  • 集英社
  • 高校
  • Z会