生年月日データベース

藤山陽子ふじやまようこ

女優[日本]

1941年 12月17日 生 (満77歳)

藤山 陽子(ふじやま ようこ、1941年12月17日 - )は、日本の映画女優。
東宝専属で1960年代に活躍した。
神奈川県横浜市出身。
横浜清風高等学校 明倫高等学校卒業。
愛称はおふじ。

高校卒業後、東宝の新人募集に応募して合格。
1961年に東宝へ入社。
東宝ニュー・タレント1期生となる。
同期に桜井浩子がいて引退後も親しくしている。
子どもに一時期、桜井浩子のことを「怪獣のおばちゃん」と呼ばせていた。
加山雄三主演の『大学の若大将』でデビュー、東宝は正統派女優として「魅惑の新星」と名づけて大々的売り出した。
目鼻立ちがははっきりした美人で、清純な令嬢役が多かった。
『銀座の若大将』など若大将シリーズ、クレージーキャッツ映画、社長シリーズなど東宝の娯楽映画に数多く出演した。
映画では代表作というものはなかったが、テレビではマドンナの女教師、生徒の姉役として夏木陽介主演『青春とはなんだ』など日本テレビ放送網 日本テレビで放映された青春学園シリーズに出演し、人気を博した。
この『青春とはなんだ』の映画版である『これが青春だ!』、『でっかい太陽』、『燃えろ!太陽』の一連作にも夏木陽介と共に出演した。
1967年に結婚したのを機に引退した。

映像作品

関連書籍