生年月日データベース

山本五十六やまもといそろく

海軍大将、連合艦隊司令長官[日本]

1884年 4月4日

1943年 4月18日 死去戦死享年60歳
山本五十六の名言
やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、 ほめてやらねば人は動かじ。
山本五十六 - ウィキペディアより引用

山本 五十六(やまもと いそろく、1884年(明治17年)4月4日 - 1943年(昭和18年)4月18日)は、日本の海軍軍人。
第26、27代連合艦隊司令長官。
海軍兵学校32期生。
最終階級は元帥海軍大将。
栄典は正三位大勲位功一級。
1943年に前線視察の際、ブーゲンビル島上空で戦死(海軍甲事件)。
旧姓は高野。
生涯 明治 1884年(明治17年)4月4日、新潟県古志郡長岡本町玉蔵院町(現在の長岡市坂之上町3丁目付近)で、旧越後長岡藩士・高野貞吉の六男として生まれる。
当時の父親の年齢から「五十六」と名付けられた。

母親も45歳と高齢だった。
子供の頃から負けず嫌いで、小学生時代「何でも食べるが鉛筆は無理だろう」とからかわれると、その場で鉛筆を食べだした。
息子の山本義正によれば、少年時代の山本は米国宣教師の元で聖書の勉強をしたことがあるという。
長岡空襲は、山本の故郷という理由で行われた。
TVで米国マスコミ取材に当時の軍関係者が、山本五十六の故郷だから国民の戦意喪失のために空襲をしたと語っている。

映像作品

関連書籍

音楽作品

海軍軍人。太平洋戦争時の連合艦隊司令長官。 1884年(明治17年)4月4日、生まれ。1943年(昭和18年)4月18日、死去。 新潟県出身。 1904年、海軍兵学校卒業。 1905年、日本海海戦で戦傷。 1916年、海軍大学校卒業。 1930年、ロンドン軍縮会議随員となる。 1934年、軍備制限予備会議全権委員。 1935年、海軍航空本部長。 1936年12月、海軍次官に就任。対米戦争開始の意見と日独伊三国同盟の締結に反対した。 1939年8月、米内光政によって「暗殺されては困る」からと、連合艦隊司令長官となる。 1941年12月、真珠湾奇襲によって太平洋戦争の火ぶたを切るも、曖昧な作戦だったミッドウェイ海戦で大敗する。 1943年4月、一式陸上攻撃機にて前線視察に向かう途中、ソロモン諸島ブーゲンビル島上空でアメリカ軍の戦闘機に撃墜され戦死。 (引用元 Hatena Keyword)