生年月日データベース

黄禹錫Hwang Woo-Suk

生物学者[韓国]

(ヒト胚性幹細胞を捏造)

1952年 12月15日 生 (満66歳)

黄禹錫 - ウィキペディアより引用

黄禹錫(ファン・ウソク、황우석、1952年1月29日 - )は、韓国の生物学者。
2005年に世界で初めて犬のクローン(Snuppy)を成功させたクローン研究者であり、獣医でもある。
元ソウル大学校獣医科大学教授(懲戒免職)。
現在は飼い犬のクローンなどを手掛ける秀岩生命工学研究所の所長。
かつてNature誌に載った2本の論文(2004年および2005年)から、世界レベルのヒトのクローン研究者とされ、ヒトの胚性幹細胞(ES細胞)の研究を世界に先駆け成功させたと報じられた。
自然科学部門における韓国人初のノーベル賞受賞に対する韓国政府や韓国国民の期待を一身に集め、韓国では「韓国の誇り」 (pride of Korea) と称されたこともあった。
しかし、2005年末に発覚したヒト胚性幹細胞捏造事件(論文の捏造・研究費等の横領・卵子提供における倫理問題)により、学者としての信用は地に墜ちた。
この捏造の影響により、正攻法でES細胞を作り出そうとしていた民間企業が研究継続の断念に至るなど、山中伸弥がiPS細胞の生成に成功するまでの間、ES細胞や再生医療分野の研究の世界的な停滞を引き起こした元凶とされる。

映像作品

  • タイトル
    提報者~ES細胞捏造事件~ [DVD]
    監督
    イム・スルレ
    出演者
    1. パク・ヘイル
    2. ユ・ヨンソク
    3. イ・ギョンヨン
    4. パク・ウォンサン
    発売元
    TCエンタテインメント
    時間
    114分
    発売日
    2015年12月02日
    新品価格
    中古商品
    ¥ 298 より

関連書籍

황우석 韓国ソウル大学の教授にして、韓国の国民的英雄。 長年家畜のクローニングの研究を行ってきたが、ヒト幹細胞研究へと進出。BSE耐性牛の作出、イヌクローンの成功、ヒトクローン胚からの幹細胞抽出などで研究成果を挙げ、韓国では「初のノーベル賞受賞者か?」といわれるほど英雄視されていた。 しかし、2005年11月に実験に使う卵子の不正入手疑惑が発覚したことを契機に一大スキャンダルが勃発。 12月には幹細胞に関する論文データ捏造疑惑が発覚、翌2006年1月、ES細胞を作製したとする論文は全てねつ造という結論が出た。 このスキャンダルが再生医療研究に与える影響はかなり大きなものになると考えられている。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 事件
  • 不正
  • 反応
  • 活動
  • 社会
  • 細胞
  • 経緯
  • 背景
  • 論文
  • 韓国