生年月日データベース

谷川俊太郎たにがわしゅんたろう

詩人[日本]

1931年 12月15日 生 (満86歳)

谷川俊太郎 - ウィキペディアより引用

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

たにかわしゅんたろう [生]1931.12.15.東京詩人。哲学者谷川徹三の長男。詩集『二十億光年の孤独』(1952)で三好達治の推称を受け,以後『愛について』(55),『絵本』(56)などを発表。日本的感性とモダニズムの融合した詩的世界を拡大した。演劇や音楽の分野でも活躍。代表作に風刺のきいた短詩集『落首九十九』(62~63),『族』(68),『定義』(75),『コカコーラ・レッスン』(80),『メランコリーの川下り』(89)など。訳詩集『マザー・グースの歌』(75)で日本翻訳文化賞受賞。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 東京
  • 編纂
  • 映画
  • テレビドラマ
  • ドラマ
  • 作詞
  • 共著
  • 受賞歴
  • 図鑑
  • 多摩
  • 学校
  • 対談
  • 小説
  • 散文
  • 映像
  • 童話
  • 絵本
  • 翻訳
  • 脚本家
  • 著書
  • 詩集
  • 都立
  • 高等
  • テレ
  • テレビ
  • ラジオ
  • 出身
  • 卒業
  • 現在