生年月日データベース

伊地知幸介いぢちこうすけ

陸軍中将、男爵[日本]

(日露戦争時の第3軍参謀長、安政元年1月6日生)

1854年 2月3日

1917年 1月23日 死去享年64歳
伊地知幸介 - ウィキペディアより引用

伊地知 幸介(いぢち こうすけ、安政元年1月6日(1854年2月3日) - 大正6年(1917年)1月23日)は、日本の陸軍軍人。
日露戦争の旅順攻囲戦では乃木希典のもとで、第3軍参謀長を務めた。
爵位は男爵、陸軍での最終階級は陸軍中将。
薩摩藩士・伊地知直右衛門の長男として生まれる。
薩摩閥の1人であり、最初の妻は大山巌元帥の姪。
御親兵(後の近衛兵)に抜擢されて上京。
陸軍幼年学校を経て、明治8年(1875年)12月に陸軍士官学校入学。
明治10年(1877年)4月から翌月まで西南戦争に出征した。
明治12年(1879年)2月、砲兵少尉に任官し、同年12月、陸軍士官学校を卒業。
明治13年(1880年)にフランス、4年後にドイツ帝国に留学。
この間にドイツ参謀総長・大モルトケから彼の信頼する参謀将校デュフェ大尉を紹介され戦略戦術の指導を受けているが、これに乃木希典も講義を受ける事になり伊地知が通訳などの世話をしている。

いじち-こうすけ 1854-1917明治時代の軍人。嘉永(かえい)7年11月6日生まれ。フランス,ドイツに留学後,明治22年野戦砲兵第一連隊大隊長。日清(にっしん)戦争では大本営参謀として旅順などでたたかう。日露戦争では乃木希典(のぎ-まれすけ)大将のもとで第三軍参謀長をつとめる。38年旅順要塞司令官,翌年陸軍中将。大正6年1月23日死去。64歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。陸軍士官学校卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 戦争
  • 日露
  • 陸軍
  • 中将
  • 乃木希典
  • 出典
  • 出身者
  • 就任
  • 師団
  • 旅順
  • 日本
  • 是非
  • 栄典
  • 注釈
  • 特科
  • 男爵
  • 薩摩藩
  • 親族
  • 評価
  • 軍人
  • 伊地知
  • 参謀
  • 大日本
  • 帝国
  • 御親兵
  • 最終
  • 爵位
  • 直右衛門
  • 長男
  • 階級