生年月日データベース

ジョージ・シュルツGeorge Pratt Shultz

政治家[アメリカ]

1920年 12月13日 生 (満98歳)

ジョージ・シュルツ - ウィキペディアより引用

ジョージ・プラット・シュルツ(英語: George Pratt Shultz, 1920年12月13日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。
ニクソン政権の労働長官、財務長官、レーガン政権の国務長官を歴任した。
ドイツ系アメリカ人で、先祖の姓は「Schultz」と表記。
シュルツは1942年にプリンストン大学で経済学の学位を得る。
同年海兵隊に入隊し、1945年まで軍務に就き大尉まで昇進した。
その後1949年にはマサチューセッツ工科大学から産業経済学の博士号を得る。
彼はマサチューセッツ工科大学の経済学部および同大のスローン経営大学院で1948年から1957年まで教鞭を執り、1955年にはアイゼンハワー大統領の経済諮問委員会の委員に就任した。
1957年には労働関係学の教授としてシカゴ大学のビジネス大学院に加わり、その後1962年に学部長に就任した。
シュルツは1969年から1970年までリチャード・ニクソン大統領の下で労働長官を務めた。
その後彼は行政管理予算局局長に就任し、1972年5月から1974年5月まで財務長官を務めた。

ジョージ・プラット・シュルツ(英語: George Pratt Shultz, 1920年12月13日 - ) アメリカ合衆国の政治家。ニクソン政権の労働長官、財務長官、レーガン政権の国務長官を歴任した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • アメリカ
  • 国務長官
  • 長官
  • 合衆国
  • アメリカ人
  • ドイツ
  • ニクソン
  • プリンストン
  • レーガン
  • 労働
  • 大学
  • 大尉
  • 引退
  • 政権
  • 時代
  • 海兵隊
  • 経済
  • 財務
  • シュルツ
  • チュー
  • マサ
  • リチャード
  • ロナルド
  • 先祖
  • 入隊
  • 同年
  • 学位
  • 政治家
  • 昇進
  • 歴任
  • 軍務