生年月日データベース

清家清せいけきよし

建築家[日本]

1918年 12月13日 生 (満99歳)

清家清 - ウィキペディアより引用

■ 関連書籍

せいけきよし [生]1918.12.13.京都,京都[没]2005.4.8.東京,大田建築家。1941年東京美術学校,1943年東京工業大学建築学科卒業。1962年同教授,1978年東京芸術大学教授を経て,デザインシステムを設立。開放的なワンルームに,畳,障子などを持ち込んだ森博士の家(1951)は,近代住宅と伝統をどう考えるか,いわゆる伝統論争のきっかけとなった。1954年斉藤邸,宮城邸,坪井邸,自邸など一連の住宅で日本建築学会賞受賞。1981年日本建築学会会長。1983年紫綬褒章,1989年勲二等瑞宝章受章。住宅に関する一般への啓蒙に果たした功績は大きい。著書は『家相の科学』(1969),『住まいのシステム』(1970)など多数。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 作品
  • 建築
  • 住宅
  • 名誉教授
  • 学者
  • 日本
  • 東京工業大学
  • エピソード
  • 主義
  • 代表
  • 会員
  • 博士
  • 増沢洵
  • 学会
  • 工学
  • 広瀬
  • 慶應義塾
  • 最小限
  • 東京芸術大学
  • 機能
  • 池辺
  • 清家正
  • 清家篤
  • 瑞宝章
  • 発表
  • 紫綬
  • 経済
  • 褒章
  • 計画
  • 鎌二
  • シリーズ
  • プロトタイプ
  • モダン
  • 会名
  • 勲二等
  • 勲等
  • 受勲
  • 受章
  • 受賞
  • 名誉
  • 建築士
  • 息子
  • 戦後
  • 提案
  • 明瞭
  • 東京
  • 機械工
  • 称号
  • 立体
  • 解釈
  • 都市